toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

危険な猛暑の対処法

Pocket

こんにちは!

\(^ω^)/

 

 

ひゃあ〜

(>_<)

まだ6月なのに、なんですかねぇ、この暑さは…。

 

 

関東では異例の梅雨明け宣言が出されましたね。

 

大阪も近々だと思うのですが…

 

生まれて初めてではないかしら?

こんなに早い夏…

ってことは、長い夏???

 

(>_<)

 

 

今年のこの暑さはちょっとした凶器、

 

にもなりそうで、

お年寄りだけでなく、

大人も子供も長期戦を見込んで、

暑さ対策をしっかりしておかないと、

秋までたどり着けない(笑)かもしれません。

 

ε-(´・`) フー

 

 


猛暑対策をして、身を守りましょう

 

 

ということで、

これからの猛暑に対処する方法を、書いてみたいと思います。

 

暦の上では8月7日が立秋になりますので、

それまでは「暑邪」が猛威をふるいます。

暑邪は誰にも平等にやって来ますが、

暑邪にやられやすい人、大丈夫な人、とその人の身体の状態によって、「やられやすさ」に差が出てしまいます。

それだけに、暑邪に負けないよう身体を整えておくことが大事になってきます。

 

身体の整え方を挙げていきましょう。

 

1) 飲食物

 

暑いからって、冷たい物を食べ続けてはダメですよ。

耳の痛い話ではありますが、

これは暑さ対策の大前提なのです。

 

◎アイスクリーム、氷菓

 

暑いから、ちょくちょくアイスクリームや氷を口にしていると、胃の中がフリーザーになって、最終的に動きにくくなって消化吸収力が落ちてしまいます。

それにアイスクリームや氷菓子って、砂糖のカタマリですよね。

(´・_・`)

砂糖の摂りすぎは、倦怠感や慢性疲労を引き起こす原因にもなりやすい。

だから、たま〜に、たま〜に、少し頂く程度に収めておくのがいいですね。

暑さに耐えられる引き締まった身体を作ってくれるでしょう。

 

◎ビールに焼肉 ♪

 

お酒好きな方は夏はやっぱりビールに酎ハイ♪

そしてガッツリ、焼肉、BBQ〜♪

 

いかにもスタミナ付きそうでいい感じに思うかもしれませんが、これも程度問題で、

食べ過ぎ、飲み過ぎは、かえって体力を消耗してしまいます。

翌朝の便通で良し悪しを見極めましょう。

下痢したら×××

便秘も×

です。

どちらも胃腸に負担がかかりすぎているということです。

適量というのは、個人差がありますが、

自分はアルコールに強いから、肝臓の数値は正常だから、といってどんどん飲み続けると、最終的に肝臓以外の他の部位に症状が出てきますよ〜(これは必ずと言って良いくらい)

酒は火邪といわれ、

体内に熱をこもらせます。

暑い夏に、外気は熱、そして内側も熱で一杯になったらどうでしょう?

そりゃあ、体内の熱が吹き出して、暑さは倍増。

暑いからといって、さらに冷たい飲食物を大量に口にしてしまうと…

(>_<)

 

結果は火を見るよりも明らか、ですね。

 

 

2) エアコン、薄着、室内環境

 

◎気血の巡りを妨げるもの

このくらいの猛暑が続くと、エアコン、冷房は必須になってきますよね。

もちろん、冷やし過ぎはよくありません。

 

  

さらに暑いからあまり外に出ないで室内でじっとしていると、

全身が冷蔵庫みたいになって、気血の動きが鈍くなってしまいます。

気血が動きにくくなるということは、

体内のすべての器官の動きが鈍くなるということ。

さまざまな不調の原因になりやすくなります。

 

◎冷風や、扇風機の風にも注意

 

エアコンの冷風や扇風機の風は直に当たらないようにしましょう。

 

風が皮膚の表面に当たり続けると、

皮膚を防衛している「衛気(えき)」が破られ、外邪が侵入しやすくなってしまいます。

つまり風邪のウィルス等が入りやすくなってしまうので、衛気を強く保つことはとても大事です。

とくに首周り、手首周りには大事なツボがありますので、この辺りをストールやハンドカバー等で覆っておくことをお勧めしています。

就寝時は冷えないよう、特に注意が必要ですね。

 

 

3) 働き過ぎ、ストレスはバテやすい

 

ん?

(・・?)

 

働き過ぎは暑さに弱いのー?

 

 

意外にも、

働きすぎて、

頑張りすぎて、

ストレスを溜める

暑さに弱くなりやすい

 

というメカニズムがあります。

主に肝臓の働きが関係してきますが、

エアコンの効いた室内で、

長時間、集中してお仕事する、

ずーと頭脳労働する、

目を使う、

 

などの行動は、肝臓を過剰に働かせてしまい、肝臓の動きが暴発したり、萎縮したりして、失調を起こす原因になりやすいのです。

肝臓は全身の気血の巡りをコントロールしていますので、当然、気血の巡りに影響して、

頭痛、肩凝り、胃痛、腰痛、生理痛など各種の痛みにつながったり、

体内に「肝火」と呼ばれる熱がこもりやすくなってしまいます。

これが夏の暑さと重なれば、熱にやられてしまうのです。

また、ストレスから暴飲暴食すると、胃腸を壊すし、夏バテの原因になりやすくなります。

 

だから、夏休みがあるのです。

 

 

猛暑の時節は、無理をせず、心身共にゆっくり過ごすのが吉◎なのです。

 

(*´∀`)

 

 

以上、当たり前のようで、案外出来ない暑邪対策ですが、

猛暑に負けない身体を作っておくと、

その先の秋・冬にも対応できる丈夫な身体になります。

 

身体はね、

いたわったぶん、

応えてくれるんです。

 

季節は巡り巡っていますので、

今できることを、できることから始めて、身体をいたわる生活を第一にされていくことが、今年一年、その先二年、そして先々ずーっと健やかに生きていくための秘訣になると思います。

 

\(^ω^)/

 

*****************

「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。

 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。

 ランキングはとっても励みになります。

 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  

左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。

ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事