toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

七草がゆと胃腸症状

Pocket

こんにちは!

(*^_^*)

 

お正月、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

鍼灸院ほまれは本日5日より診療を始めます。

 

コロナ禍ではありますが、徐々に活動再開されているイベントやお店などが増えてきて、

帰省された方や、近場でまったり過ごされたり、街にも笑顔が戻ってきましたように思います。

 

私は、家でゆっくりしていました。

新しい我が家のメンバー「クロエさん」のお世話をしながら。

クロエさんは前にもちょっと登場したことがある近所の公園に住んでいた地域猫さんでしたが、

久しぶりに会った時、毛はボサボサ、毛玉をひきづっていて、ご飯をあげるとガツガツ食べるものの、かなりやせてしまっていて、下痢もしていて、お水をよく飲むし・・・たぶんこの冬は越せないなぁ・・・と思案した結果、

 

我が家で保護したのでした。

それが10月の下旬のこと。

 

 

↑ 公園猫時代のクロエさん。やさぐれ感ハンパない (;’∀’)

 

それから動物病院で血液検査の結果、エイズ陽性、腎数値と貧血がきついことがわかりました。

 

それで、鍼灸で必死の看護を重ねて2か月余り、

 

いまでは腎数値正常、下痢も止まってきました。

あとは貧血だけなのですが、元気だからまぁいいか、という感じで、

クロエさん♀はお姫様になられて、温かいベッドと美味しいご飯をお腹いっぱい食べて毎日過ごしております。

まだ人には慣れてなくて、余計なことをすると、シャーと猫パンチくらいますけどね。

(;^ω^)

 

↑ 本来の麗しさを取り戻しつつあるクロエさん。

 

ということで、猫にお仕えする私の一年が始まりました。

あ~下僕でも私は幸せです♬

 

さて、

お正月から美味しいものを食べ過ぎていませんか?

「七草がゆ」はそういうお腹のための食べ物なのですが、

 

 

お正月の後、来院される方で多い不調は、やはり胃腸の問題。

〇胃もたれ

〇膨満感

〇食欲不振

〇吐き気

〇しんどい、やる気がでない

〇便秘や下痢

 

春の気がそろそろやって来ることもあり、

 

食べ過ぎにより、胃で消化しきれずに溜まった残留物が、みぞおちの辺りから食道を逆流するような現象がおきる場合があります。

そうなってくると、苦しくてしょうがない。

食べるともっと苦しいし、吐くにも吐けず、下すにも下せず、胸の辺りが詰まって悶々としてきます。

 

こんな時は、どうすれば良いでしょうか?

 

◎胃の中を空っぽにする → 絶食して、消化力が回復するのを待つ

◎積極的には便を通じさせる → 糖質を減らし、キャベツと大根を食べる。

◎「陀羅尼助丸」という胃腸の漢方薬があります。

これは黄柏(おうばく)という生薬を主に構成された消炎、健胃、清熱、解毒の効能のある日本古来の薬です。

◎大根梅干汁。 大根を煮た汁を少量飲むと、究極のデトックスです(ただし、体力のある人限定)。便が何度も沢山出るので、時間的余裕のある人、便秘症、代謝の悪い方にはお勧めです。

◎なまった身体を動かす。よく歩くと、消化力が高まります。

 

 

年末年始の飲食によって溜まった毒素をデトックスして、身体を軽くしておけば、

これからの寒の入りの時期、風邪を引きにくくなり、引いても悪化しにくくなるでしょう。

 

風邪は胃腸と密接に関係しています。

 

 

ということで、新年の最初、胃腸のデトックスについてお話ししました。

 

クロエさんは、食べ過ぎたら、食べなくなります。

一食抜くこともへっちゃらです。

ホンマにえらいわぁ~

\(^ω^)/

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

*****************

「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。

 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。

 ランキングはとっても励みになります。

 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  

左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。

ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

 

 

関連記事