toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

秋の乾燥と肺の症状

Pocket

こんにちは(^o^)

 

今年は珍しく台風が少なくかった9月。

 

ラッキー*\(^o^)/*

 

ということで、連休は沖縄本島と久高島に行ってきました。

 

 

⑴  久高島へ

 

初めての本島。

那覇はまぁ大都会で広くて、びっくりしました。

今回は久高島で秘密のミッションを実行するのが目的。

まずは本島の南に位置する世界遺産・斎場御嶽(セーファーウタキ)を参拝しまして、

御嶽からの眺めは最高。ここから久高島が望めます。

 

お天気に恵まれて、美しすぎる海〜

 

そして

久高島に渡ります。

       

 

港の猫さんたち。

久高島は琉球の神様が最初に降りた島。

と〜ても神聖な島なのです。

そこである方とお会いして、ミッションを果たしました。

\(^ω^)/

 

 

 

ミッションを終えると、海岸には神々しい朝日が!

 

 

圧倒されて言葉がありません。

ありがた〜い  (*^o^*)

素晴らしい旅に感謝です。

 

 

   ⑵   秋は肺、その症状とは

 

10月に入り、気温が下がってきました。

今週末には台風が上陸するとか。

空気も乾燥してきましたね。

来院される患者さんも、

 

      ・肌の乾燥

      ・かゆみ

      ・くしゃみ

      ・鼻水

 

…と秋の肺の症状を訴える方が増えてきました。

 

これらは皆、肺気の失調から起こる症状です。

 

 

東洋医学では、

秋は肺の季節。

肺は、呼吸、皮膚、鼻水をコントロールしていると考えます。

それで、秋、空気が乾燥してくると、真っ先に肺の機能が反応してきます。

 

夏の終わりは脾臓が弱り、消化機能が弱るのですが、

それが大体9月に起こってきて、続く10月には肺気にも影響が出てくるのです。

 

消化が弱って、胃が重かったり、食欲不振になったり、軟便あるいは便秘になったり、全身倦怠感・やる気がでないとか、様々な症状が脾の弱りによって起こってくるのですが、その症状が治らないままに秋に突入してしまうと、今度は脾気の弱りが肺気にまで悪影響を及ぼして、

 

・痰のからむ咳

・鼻水

・喘息

 

など、水分の代謝異常が関与する症状が起こってしまいます。

 

 

さらにこの季節に台風が近づくと、

気圧の変化の影響で肝気が逆上して、

  ・頭痛

   ・めまい

   ・喉の炎症

   ・喘息・気管支炎

 

なども発症することもあります。

 

 

 

  ⑶  台風・秋の症状の対処法

 

秋は天気が良いし、気持ち良く過ごしたいよ〜

 

という人は、まず、

  ◎お腹の調子を整えること

    ◎白湯などでお腹を温める、冷飲・冷食を控える

    ◎食べ過ぎない

 

お腹の調子が整えば、消化力がアップしていくでしょう。

 

そして台風が近づいたら、

肝気が上昇するので、上半身が熱くなって、下半身が冷えるなど上下のバランスが崩れやすくなるので、

 

      ◎腰湯・足湯などで足腰を温める。

     ◎PCなどで目を酷使したらホットタオルで目の充血をゆるめておく

      ◎下半身のストレッチや筋トレ

     ◎ 軽い散歩をして心身の緊張をほぐしておく

 

台風が去って、秋の空が高くなってくると、乾燥の季節になります。

空気が乾燥してきたら、肺気がスムーズに働くように、

 

      ◎乾燥しないよう、喉・鼻うがいで潤す

     ◎ゆっくりと深呼吸。吐く息を長くする。

      ◎肺の気が全身に行き渡るよう、軽い運動、足腰の運動をする

      ◎辛い物を食べ過ぎない

 

 

季節と内臓の関係を理解すれば、四季折々の体調の整え方がわかってきますね。

 

少しの工夫と養生を心がけて、楽しい秋を過ごしたいものです。

 

\(^ω^)/

 

 

*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
ランキングはとっても励みになります。
更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

 

 

 

 

 

 

Pocket

関連記事