toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

首の後ろのコリ その2

2021-06-02|首こり / 胃の不調
Pocket

こんにちは!

(^o^)

 

6月に入って、しばし梅雨の中休み、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

百貨店やショッピングモール、映画館、コンサート等など、緊急事態宣言が一部解除され、ホッと一息。

 

やっぱりねー、GWからずっーと世の中の雰囲気がどよ〜んとしてたので、

これからはちょっと開放感が出てきそうで、嬉しい限りです。

 

 

 

ということで、「鍼灸院ほまれ」も皆様のお陰様でなんとかなんとか生き延びております^^;

ありがたいことです!

 

さて今日は、前回の続きで「首の後ろのコリ」についてです。

 

首の後ろを流れる経絡(気の通路)は、幾つもありました。

 

1)足太陽膀胱経(首の後ろ、背骨の両側を通る)

2)督脈(背骨中央を通る)

3)足少陽胆経(肩の上、首の横を通る)

3)手太陽小腸経(肩甲骨の周りを通る)

 

それぞれの気のルートは内臓に繋がっています。もし内臓の働きが低下していたら、首の後ろの経絡にも悪影響が及んでしまいます。

たとえば、

 

◉膀胱炎になりやすくて、いつも首の後ろが凝っている

◉胆のうを全摘した後、肩が凝りやすくなった

 

・・・・意外な”つながり”がありますね。

そしてもう一つ、首の後ろのコリに重要な役割を果たす経絡があるのです。

 

それは「足陽明胃経」です。

 

 

全身の陽明胃経(気の流れるルート)を見てみましょう。

 

上図のように、陽明胃経は身体の「前」を通っています。

 

これは「正経」と呼ばれるルートで、陽明胃経にはこの他に「経脈」「経別」「経筋」「十五絡脈」と呼ばれる4つの「支流」があります。

この支流の中で、身体の横から後ろへと流れていくルートもあります。

 

陽明胃経は、大雑把に言うと、「身体の前面」を支配するルートで、そこから側面や後面へとつながっていくルートもある、ということです。

 

で、この身体の前をコントロールしているので、当然ながら身体の前面に起こってくる症状には「胃」が関わっている場合が多いのです。

 

喉の痛みなんかは、胃絡みで起こりやすい症状ですね。

それから膝痛も胃絡みで起こってきます。

 

身体の前後のバランスから見ると、

◉足陽明胃経は「前」

◉足太陽膀胱経は「後ろ」

を支配している経絡の代表格といえるでしょう。

 

<足太陽膀胱経>

 

胃経と膀胱経で身体の前後のバランスをとっているということは、

どちらかに問題が生じると、他方にも影響が及ぶということです。

 

つまり、何らかの胃の問題があると、膀胱経絡上に異常が出ることもあるのです。

 首の後ろのコリの原因は食べ過ぎから?

 

臨床上で、よく見かけるのは、過食傾向な人の首の後ろのコリ症状です。

 

太っている人は、首の後ろの肉が厚ぼったいのですが、これは首の後ろの気の流れが停滞しているため、と鍼灸東洋医学では考えます。

 

 

そういう人は、身体の前面、特に太ももがパンパンに盛り上がっていたりします。

そこ(太ももの前)は丁度、足陽明胃経が通っているのです。

 

首の後ろだけでなく、腰中央の張り、痛みなどの「腰痛」として出る場合もあります。

 

もし、「首の後ろのコリがしつこい」場合は、食生活との関係をチェックしてみてくださいね。

 

私は首のコリがきつい時は、食事の量を減らしてみるんです。

すると数日でコリが改善して、腰の張りも楽になるんです♪

 

 

  

 

 

以上、首と胃の意外な関係、

東洋医学の面白い視点をご紹介しました。

 

\( ˆoˆ )/

 

 

*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。 

皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。 

ランキングはとっても励みになります。 

更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m

左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。

ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

 

 

 

 

 

関連記事