toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

梅雨のしんどさ対処法

Pocket

こんにちは(^-^)

梅雨の鬱陶しい候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先週は大阪方面で地震もあり、

その後は大雨→気温上昇→蒸し暑さ全開

と、身体にはかなりこたえるこの頃です。

鍼灸院にも、

身体の不調を訴えて来られる方が増えております。

☑ 朝起きられない、起きてもボーっとしてしまう

☑ 一日中眠たい、やる気が出ない

☑ 全身や頭が重くてスッキリしない

☑耳が詰まったような感じがする

☑胃が重い。もたれる、動いてない感じがする

☑便通がよくない、滞りがち

☑全身に湿疹、じん麻疹ができて、かゆい。

こんな症状ありませんか?

これらの症状は梅雨の湿気が影響しているかもしれません。

外気の湿度が高く、体内にも湿気が溜まりやすくなるのが、この梅雨の季節です。

お腹もポチャポチャ水が溜まってる感じになるとか、全身がどよーんと重く感じられます。

東洋医学では「水湿の邪」といったりしますが、
気温が上がってこの水湿が熱くなると、
「湿熱の邪」に変わり、
体内がもっと重たく息苦しい感じになってしまいます。

そうなると、内臓の動きも悪くなり、代謝力が低下して、益々体内が重たくてしんどい状況が出てきたりもします。

( ̄ー ̄)

水湿の邪や湿熱の邪が溜まってくると、本当に梅雨時期は、しんどくなるのですね。

(^_^)a

このイヤな湿気をさばいて、そこそこ快適に過ごすためには何をしたらいいのでしょうか。

東洋医学的に、水湿の邪や湿熱の邪を体外に排出して、カラダを軽く保つやり方をご紹介しましょう。

【梅雨の養生法】

① たくさん食べない。いつもよりは少食にする。

  (胃腸の消化力が衰えやすい時期なので、いつもと同じ量を食べていても、胃腸に未消化物や水分が滞りやすく、そうなると全身が重たくなります)

②炭水化物や油っこい食べ物、砂糖を減らす。

 (消化に負担のかかりやすい食べ物です。胃腸を軽く保つために、減らしておくのがベスト)

③夏野菜や海草をたくさん食べる。

 (水の代謝を高めてくれます。胃腸に負担がかかりにくい食べ物です)

④生姜、生姜湯で、お腹を温かく保つ。

  (食前に食べると消化力が高まります)

  
⑤しんどいからといってゴロゴロせず、カラダ、特に手足をこまめに動かす

  (体内の水を絞り出すには、動くのが一番。
特に手足を動かすと胃の働きが活性化します。しんどいからと寝てばかりいるのは悪循環で、益々しんどくなってしまいます)

⑥よく歩く、軽い運動で汗を流す。

  (軽い運動で体内の余分な水を汗にして排出しましょう)

 以上のような養生法を、ご自分の身体の状態に応じて試してみてくださいね。

鬱陶しい梅雨を、養生の知恵でなんとか乗り切りたいものです!

うちの福ちゃんはゴロゴロが得意  (^_^;)

*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

関連記事