toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

何を食べたらいいか 【1】

2017-11-10|院長日記
Pocket

こんにちは!(^o^)

早いもので、今年もあと2ヶ月を切りました。

もう立冬。
紅葉の色が鮮やかになってきましたね。

日々の診療に追われるのをいいことに、このところずっとブログの更新を後回しにしてしまい、気がつけば半年も経過していて、もうびっくり!。(^◇^;)

さてここ数ヶ月、東洋医学や自然療法など、身心の健康に関わる勉強や講座を受けたり、ワークショップに参加したり、あちこちの分野を齧っておりまして、そこで得たものを当ブログや臨床の場で少しずつ皆様に反映できればと思っております。

目下、私が関心のあるものを挙げますと、

◎アーユルヴェーダ医学

◎心と身体両方からアプローチする療法(ゲシュタルト療法、フォーカシング、インナーチャイルド、ホ・ オポノポノ、気功、エネルギー療法、クラニオ・セイクラル療法ほか)

◎瞑想、非二元ヨガ

◎食(断食、マクロビ、糖質制限、グルテンフリー)

・・・とまぁ、いろいろ過ぎて、なんのこっちゃ?

好奇心のカタマリな為、すでに収拾がつかなくなりそうで・・・(^◇^;)

さて、 ちょっと冷静に見てみますと、
このなかでも皆様に一番身近にあり、わかりやすいのはやはり「食」でしょうか。

来院される方々の質問で一番多いのが、この「食」に関するものなんです。

「一体、何を食べたらいいのでしょうか?  」

   ε-(´・`) フー

 巷に溢れる健康に良い食べ物、食事法がありすぎて、あちこち手を出してみたけれど、長続きしない、あるいは、同じ食べ物でも◯◯予防には良いけれど、××値が上がってしまう、△△病のリスクが高まる、等々、
結局、情報がありすぎて混乱してしまう・・・。

患者さんから、そんな声をよく聞きます。

そこで今回は、
健康の維持、病気予防、病気を治すための食事方法の中から、
私が誰にでも出来そうで、オススメしたいなぁと思っている食事法のダイジェストを、簡単にわかりやすくお伝えしてみたいと思います。

食事法は各論的には多種多様ありますが、
ポイントになるのは、やっぱり、

「無理なく継続できるもの」

 ですよね。

効果抜群だけど、続けるにはハードルが高すぎるものは、結局挫折して元の木阿弥になってしまう確率も高いため、万人におすすめできるものではありません。

たとえば断食、マクロビ(玄米正食)などがそうかもしれません。

          

そこで今、どうすれば実際に長く続けられそうか、いろいろ試しているところなのですが、

いまのところ、注目しているのが、

「グルテンフリー」

「減糖」

を組み合わせた食事、つまり小麦と砂糖を極力減らす食事法なんです。

グルテンフリーの効能については、一般の人向けにたくさん解説本も出ていて、実践的なレシピ本もありますね。

また、「減糖」は「脱糖」や「低糖質」をキーワードとして、これもまたたくさん本が出ています。
テレビでも時々話題になることがありますけれど、

糖尿病でなければ、ストイックに糖質を制限しなくてもいいのではないかと思うので、
意識して低糖質のものを選ぶようにする「減糖」が長く続けられそうですね。

では、どんなものを食べたらいいか。

次回は実際に私が始めた食事内容についてお話ししていきます。

*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

Pocket

関連記事