toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

舌診の本が出版されました

Pocket

こんにちは(^-^)

 

9月に入ってまだまだ残暑が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今日の大阪は快晴。

 

そして本日は、師匠の喜寿と著書出版のお祝いの会に出席してきました。

 

 

師匠とのツーショットです。

 

(^o^)

 

これまでたくさんの本を出版されてきた藤本蓮風先生ですが、

 

今回の本は2冊。

 

1)『舌鑑弁正  訳釈』

2)『筆跡にみる心の襞(ひだ)』

( ともに、たにぐち書店刊。)

 

 

1)は、世界でも珍しい舌診の解説書です。

原本「舌鑑弁正」は、中国は清末期の梁玉瑜の口述を陶保廉が記録したものですが、それを中国学の杉本雅子先生が訳し、藤本先生が訳釈を加えられました。

 

まだ詳しくは読んでないのですが、この本の内容がすごいのはわかりますよ〜

中をちょっと拝見!

 

 

こんなふうに、舌の様々なパターンを図付きで解説しています。

 

日本では、こんなに臨床的に詳しい舌診の本はありませんでしたから、現在の鍼灸臨床家にとっては本当にありがたいものです。

 

大学で中国近代史を専攻していた私。

清朝末期の言葉はね、独特の難しさがありまして。

コレ訳すの大変!と思いました。

(^_^;)

これを日本語で読めるということは、有難いことこの上ないですね。

これからじっくり読ませて頂き、臨床に役立てていきたいものです。

 

ということで、

一般の方にはチンプンカンプンと思われる舌診。

舌を見ると患者さんのお身体のいろいろなことがわかるんです。

このコラムでも触れることはなかったかと思いますので、次回は舌診について、簡単ですが書いていきたいと思います。

 

【追記】

蓮風先生の2冊目『筆跡にみる心の襞(ひだ)』。

これは、問診票に記載してもらった患者さんの筆跡から、その心理的意味を読み取り、治療に生かすための手引き書、です。

これもスゴいところを突いております。

患者さんがこの本を読まれたら、

【こんな所までチェックしてんのー?】と目まん丸くするかもしれません!

(○°ε°○)

 

\(^ω^)/

 

*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
ランキングはとっても励みになります。
更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

 

 

関連記事