toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

夏バテ、食欲不振、下痢、便秘、のど痛、鼻水注意報

Pocket

こんにちは   \(^ω^)/

 

ひゃぁ〜

(>_<)

この衝撃の暑さで、日中の天神橋商店街は蒸し風呂みたい。

歩いてるだけで滝汗状態です。

(“э”)

 

 

 

この猛烈な暑さが続くと、身体にもボディーブローのようにじわじわこたえてきますよね。

 

 

その最たる症状といえば、「食欲不振」「下痢」「便秘」「吐き気」などの消化器系の不調、また、それに伴う「全身倦怠感」、いわゆる夏バテ症状です。

 

 

【夏は《脾臓》が弱りやすい季節】

 

脾臓は消化作用の中心で、胃と連携して食べた物を消化し、エネルギーに替えて、全身に巡らせていく大事な大元の役割を担っています。

 

冷たい物を食べ過ぎると、お腹が冷えすぎて動きにくくなり、消化に負担がかかり、脾臓の力を弱めてしまうことが夏バテ症状に直結しています。

 

 

というわけで、いかにして《脾臓》と《胃の腑》を守っていくかが猛暑の夏を快適に過ごすポイントになります。

 

【夏バテ予防ポイント】

 

◉冷たい物を食べ過ぎない。

◉量的に食べ過ぎない。

◉味の濃いもの、脂っこい食べ物は控えめに

◉小麦などグルテンも控えめに

◉エアコンなどで冷やし過ぎない

◉歩いて四肢を動かす(←脾臓を健康に保つ重要ポイントです)

◉汗を適度にかいて、体内の熱を排出する

 

 

 

暑いけれど、じっといてないで軽く身体(とくに手足)を動かしておくことが、脾臓を快活にしておくポイントになりますよ〜

 

 

そして、今日は立秋。

( ̄▽ ̄;)

 

こんなに暑いのに秋だなんて…

 

とはいえ、もうすでに、朝晩の風には少しずつす秋っぽさが感じられますよ〜

 

【秋は「肺」】

 

肺の気が弱りやすくなります。

肺は、呼吸だけでなく、鼻水、喉、皮膚なども守っていますので、

この時期くらいから、まさに、

鼻水や咳、喉痛、痰、そして皮膚症状を訴えられる患者さんも増えてくるのですよ。

 

 

脾臓と肺臓、8〜9月はこの2臓がアブナイ季節。

 

深呼吸と運動を心がけ、

エアコンの乾燥にも気をつけて過ごしたいですね。

 

 

Pocket

関連記事