toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

肩こりについて その1

Pocket

こんにちは!

 

桜の「開化宣言」が各地から続々と届き始めました。

いよいよ春めいて来ましたね~🌸

 

それにしても、この気温の差!辛いですよね💦

どうぞ、風邪を引かないようにお気を付けください(*^^*)

 

そんな頃、松下家では…

「今年の夏は、スリランカに行こうと思う!

あんたの住みたい国、見に行ってくるわな~(・ω・)ノ」

との、「視察宣言」が父から発表されました。

 

・スリランカに移住したい娘(私)

・案外乗り気な父!

・(移住に)ショックを受け反対する母…

 

まだまだ家族間の寒暖の差が厳しいようですが

これからの展開に期待したいですね(笑)

 

というわけで

そんなスタッフの松下がコラムをお送り致します(*’▽’)ノ

 

 

今回のテーマは『肩こり』です!

 

『肩こり』と言っても

 

・痛む場所

・痛みの程度

・痛み方

 

など、人それぞれ違いますよね。

 

それもそのはず!

東洋医学の観点から「肩こり」を分析すると、

その原因は5本の指には収まりません。

 

なので、何回かに分けて

『肩こり』についてのコラムを連載しようと思います(*^^*)

 

 

 

それでは参ります!

 

 

【原因その1「気滞」】

 

読んで字のごとく、気の滞りのことです。

 

気は本来、のびのびと元気よく動き回る性質で

この気の流れを調節しているのが肝の臓です。

 

 

また、肝はストレスを吸収する

クッションのような働きもしています。

 

 

しかし…

 

・緊張感

・過剰なストレス

・我慢

 

など、抑圧された状態が続くと

肝もそれらを受け止めきれず、気を動かせなくなってきます。

 

気分や気血の巡りがドヨ~ンとしてくるのです。

このドヨ~ンが「気滞」です。

 

この「気滞」により

・スムーズに目的地へ栄養が運ばれにくくなる。

・余計なゴミが溜まって詰まりやすくなる。

 

といった

交通渋滞や澱んだ川のような現象が起こるのです(; ・`д・´)

 

 

 

また、運動不足からも気滞は起こります💡

 

適度な運動をした後に

心も身体もスッキリするのは

気血に流れが生まれ、ドヨ~ン状態が解消されるからですね♪

 

そして、気滞による肩こりの特徴は

モワッとした「重だるさ」として現れます。

 

気滞のある身体に、さらにストレスがかかり続けると肩こりは増悪していきますが、

その場合は、

肝臓の気が暴発し、逆上して、

肩から首の方へ、ぐーっと突き上げるような

「突っ張り感」として現れてきます。

 

ここまで来ると、肩こりもしつこく繰り返すようになってしまいます。

 

原因が気滞だけの肩こりなら、気晴らしや入浴、軽い運動により楽になるので、

このレベルで早めに対処しておくことが大切でしょう。

 

 

 

長くなりそうなので

今回はこの辺で終わります(・ω・)ノ”

 

 

次回!

 

・春になって肩こりがきつくなってきた…何でや?

 

といった内容に続きます。

 

それでは、失礼いたします。

 

*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
ランキングはとっても励みになります。
更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************

関連記事