toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

風邪の侵入経路について

2018-10-22|冷え / / 風邪 / 院長日記
Pocket

こんにちは!

最近、ジャイブ(社交ダンスのラテンダンスの1種目)に目覚めて

診療中でも踊りだしてしまうノリノリな院長に替わり (笑)

リズム運動が苦手で一拍乗り遅れる、スタッフの松下がお送りいたします。 (*’▽’)♪

土曜日の診療後、父からLINE が一通。

「メイ(松下家の猫)が自由に出入りできるゲートを作りました!!」

これにより、リビングとベランダの行き来が自由になった彼女。

良かったね~(*’▽’)

ただ、1つだけ問題が発生です。

なんだかスース―する~!?

冷気の侵入口も同時開通していたようです。ブルブル((+_+))ゾクゾクッ

なんてったって即興DIY(笑)

前置きが長くなりましたが、今回は風邪の侵入経路についてです。

「あんた帰ってからちゃんと手洗い、うがいしたんか!?」と、

耳にタコができるほど言われて育った方もいるかと思います。

あれれ?私のこと…?(; ・`д・´)

このように、風邪(ウイルス)は口や鼻から入って来るという考え方が一般的ですね。

しかし、東洋医学において邪気は背中から侵入すると考えます。

この上背部は、風門や肺兪というツボがあるくらい風邪と関わりの深い場所なのです。

また、手首には「外から入ってくるものを防御する関所」という意味を持つ、外関というツボがあります。

時計のある位置くらいでしょうか?( ^^)

「デキル女は首・手首・足首で決まる!」みたいな(笑)

着こなしレクチャーの記事をよく見かけます。

確かにグッと色気とこなれ感が出てステキです(*´ω`*)

さらに、去年から今年にかけて抜き襟の服が流行りましたね。

しかしながら!

恋に仕事にと、日々奮闘されている方には難しいかもしれませんが、

これからの季節、せめて体調の優れないときには、どうぞ3つの首をお隠しくださいませ。

もしも、風邪を引いてしまったときには上背部に1枚タオルを入れて、

ぬくぬくした格好でお過ごしください。

たったこれだけのことですが、破けて弱ったツボから新たに邪が侵入するのを防いだり、

温めることで風邪の治りも早くなります。

また、時折「風邪を引いてしまったので、今日の予約はキャンセルしてください。」

というご連絡を頂くことがあります。

ですが、鍼灸は風邪を追い出すことも得意としているので、

早期回復のお手伝いが出来ると思います。

なので辛い時こそ、お身体と相談しながら無理のない範囲でご来院ください(*^▽^*)

それでは、失礼致します。

*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
ランキングはとっても励みになります。
更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

Pocket

関連記事