toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

鍼の効能とは?

2014-01-06|院長日記
Pocket

皆様、新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い致します!
さて、お正月いかがお過ごしでしたでしょうか。
今日の天神様には仕事初めのサラリーマンの方が多数お参りにいらしてました。
(*^^*)
鍼灸院ほまれも今日から診療開始です!
o(^_-)O

画像は〈ほまれ玄関に飾ったお花〉
お休みボケ?か、初日の朝はなかなかエンジンがかかりにくかったですが…
(^◇^;)
さて、
ほまれも早いもので、お陰様で開院して8ヶ月が経とうとしています。
今年の抱負はー?
( ̄▽ ̄)
今年は開院2年目ですし、しっかり足元を見つめたいところです。
鍼に関する抱負といえば、
ズバリ、
「効く鍼をすること!」
です。
o(^_-)O
よく、人から、
「鍼の効能って何?」
と聞かれます。
鍼の効きめ、というのはいろんな病気に対して有効なので、一つひとつ挙げるとキリがないのですが、
私が今、最も「鍼の効能」を感じていることというのは、
○ヤル気が出て、
○前向きな気持ちになること、
であると、敢えて病名ではなく、 気持ちの面でのメリットを挙げておきたいです。
鍼は、気を動かすための道具ですが、 気が動くと、全身の血行が良くなり、 細胞が活性化されて、内臓だけでなく全身の各所の機能が回復してきます。
(だから症状も取れてくるんだねー)
(^з^)-♪
東洋医学では、〈心と身体は一体〉 と考えているので、精神的な活動の多くは肉体が支えていることになってきます。
ということは、
肉体の調子が良くなると ↓ 精神的にも好影響をうける
という図式が出来ます。
つまり、鍼をすると、
○ヤル気が出て、
○前向きな気持ちになる、
ことになるのですね。
(^O^)

この二つのような、心理的に良い変化が起こると、 今度は肉体の方にも好影響を及ぼすという相乗効果が期待できます。
実際、鍼灸院ほまれに来られた患者さんが、 症状が改善するだけでなく、
「鍼を受け始めてから、考え方がポジティブになった」
「不思議と気持ちが軽くなって、ヤル気が出てきた」
と言ってくださると、術者である私にとって、これ以上の喜びはありません。
((*´∀`*))
「効く鍼をする」ために、 施術者は、 病気や症状だけ見ているだけではダメで、もっと奥行きのある意識が必要になります。
ε=(・o・*)
抽象的なので、なかなか難しいのですが…
f^_^;)
私の師匠、藤本蓮風先生はいつも、
「患者さんのために、努力を惜しむな」
と言っておられます。
Yes!
私も、 「効く鍼」目指して、 今年も一歩一歩、鍼道に精進したいと思います!
皆様、拙い歩みではありますが、今年も 鍼灸院ほまれ をどうぞよろしくお願い申し上げます!
(^O^)

鍼灸院ほまれのホームページはこちら。

*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援のおかげで、現在まで1位キープしております!!
\(^ω^)/
 ありがたいことです。
ランキングはとっても励みになりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m
 右側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。ポチッとよろしくお願いします!
*****************

関連記事