toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

この時期のむくみを改善する!

2013-08-28|院長日記
Pocket

おはようございます。

画像は今朝の中之島公園。

空はもうすっかり秋ですねー 

\(^ω^)/

日中も夜中もともに過ごしやすくなり、やれやれです (^。^)

カラダのほうも自然と秋仕様に向かっていくようですが、

カラッとした秋に入る前に、これからは台風シーズン (^_^;)

患者さんの中には、体内に水分が溜まって、舌には白い苔、お腹も少しポチャっと水っぽく、むくみが気になりだした方もいらっしゃいます。

この時期は、夏の疲れと、水分の摂り過ぎで、胃が弱りやすいです。

胃が弱ると、手足が重だるく、倦怠感が出る頃でもあります。

かく言う私も、なんとなくいつも膨満感があり、消化不良気味にー。

毎年この時期にそうなるので、
対策としては、

◎夜ご飯を抜く。

◎夜は早めの時間に食べて、量も軽くする。

◎甘いもの、冷たいものを控える。

◎食後、散歩する。

◎手足を動かす。歩く機会を増やす。

…というような工夫をしてやります。

ちょっと続ければ、胃の調子も戻ってきます。

この時期、むくみを改善し、水分代謝を良くするには、

茄子やキュウリ、瓜類を多めに食べるのがよいでしょう。

もちろん、手足を動かすのが大事。

手足は胃のモーターの役割をしてくれて、消化と代謝を助けます。

食べ物では小豆粥も、利水作用があり、むくみや疲労回復に良い一品です。

お腹に優しくて、この時期にはピッタリですね。

クックパッドにレシピが載ってました。
http://cookpad.com/recipe/2270585

お試しあれ!
(*゚▽゚*)

関連記事