toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

嘴が黄色い

2013-08-05|院長日記
Pocket

「クチバシが黄色い奴が何を偉そうに…」

若い頃、よく聞いた言葉です。
青二才、とも言われました σ(^_^;)

「《ひな鳥のくちばしが黄色いところから》年が若くて経験の足りないことをあざけっていう言葉」
(デジタル大辞泉より)

若い頃は言われると、カツン!ときてましたけど、

今、失礼な若者に出会うと、つい言ってしまいたくなります。 

…だって、ホンマに世間知らずの、経験不足、怖いもの知らずなんだもん。

(^◇^;)

そんな奴に、昨日も散歩中に会いましたよ。

ほら、立派な黄色い嘴。

羽の艶やかさ、水かきの鮮やかなオレンジからすると、このコも若者でしょう。

単独で人間のそばまで近寄ってきたのが、大胆です。

何より、誇らしげですね。

あー、

その若さが眩しいわ! (笑)

(^◇^;)

Pocket

関連記事