toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

因果応報(’o’)

2013-07-27|院長日記
Pocket

夏の養生法その2

さて、
東洋医学のバイブル「黄帝内経素問」にある養生法のつづきです。

〈夏は昼間は活発に過ごし、夜更かしせず、早寝早起きがよく、
夏の暑さを嫌ってはいけない〉

これが第一の掟でした。

そして第二の掟。
こんなことが書いてあります。

「志をして怒ることなからしめ、華英をして成秀せしめ、気をして泄らすを得さしめ、愛する所をして外に在るが若くせしむ。此れ夏気の応、養長の道なり。」

《訳》

「けしてイライラしたり、怒ってはいけないよ。

夏は咲き誇る花のようにウキウキした気持ちを全開にして、
体内にたまった熱を思い切り外に向けて発散させるんだ。

これが夏の養生法だよ」

東洋医学では、
カラダとココロは表裏一体。

《気持ちを発散させると、
暑苦しいカラダから熱が放散されて涼しくなる》

ってことを言っているのですね。

で、もし、これらを守らなければどうなるかー。

先人は次のように言っています。

「これに逆えば則ち心を傷り、秋にガイ瘧(ぎゃく)となり、収に奉ずる者少なく、冬至らば重ねて病む。」

《訳》
「 もし、これを守らなければ、心気を損傷し、秋になったら瘧疾(マラリア様の周期性発熱)を発症して、

秋から冬への準備ができずに、冬には再び病気になるだろう」

…季節は巡りめぐって、
夏に不養生すれば、次に来る秋→冬には病気になるぞぉ~!(’o’)
と警告してるのです。

コワ~イ……因果応報というわけですな。

ε-(´・`) 

じゃあ、夏を夏らしく過ごす o(^_-)O

って、

具体的にどんなことをすればいいのかな?

次回は、夏の食べ物についてです。

(夏の哲学者)

関連記事