toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

変化

2013-06-07|院長日記
Pocket

自分の周りに変化が起き始めたら
そのままゆくことだ

谷の水の流れに
したがってゆくことだ

やがて
思いがけず
広い野に出るよ

『受いれる』加島祥造(小学館刊)

加島さんはタオイストの詩人。
長野県の伊那谷で暮らす老人。
時々、こんな素敵な詩集を出してます。

暮らしに追われてがんじがらめになっていると、いつの間にか、カラダもココロもこわばってしまいます。

そして、そのことさえ気づかずに、どんどん月日は経ってゆき…

四季の移り変わりと同じように、人も世もみな変化の中にある。

そしてただ、それを繰り返しているだけ。

日々、柔らかく、ゆきたいものです。

(いつもの散歩道で見つけた自生の紫陽花。ひっそりと咲いていました)

関連記事