toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

胃腸の不調・便通の悩み【症状・原因】

胃腸の不調・便通の悩み【症状・原因】

繰り返すうちに、慢性化し、深刻化していった胃腸の不調や便秘、下痢などの便通の悩み。
お薬を飲んでも改善しない。少し良くなっても、すぐぶり返す・・・。
自分の症状に、ぴったりの治療法が見つからないけれど、これから先も、ずっと薬を飲み続けていくのはとても不安・・・。

そんな胃腸の症状でお悩みの方、鍼灸治療で弱った胃腸を修復して、本物の消化力を回復しませんか。

胃腸症状をお持ちの方は、その他にも肩こりや頭痛、背中や腰の痛み、あるいはじん麻疹などの皮膚症状、大小便の変調、発汗の過少、口腔や歯(茎)のトラブル、さらには精神的な不調など、さまざまな随伴症状があることが多いです。
鍼灸治療では、それらの症状が何が原因で起こっているのか、胃腸だけでなく、カラダ全体の働きを総合的にチェックして、全身の歪みを整えていきます。

鍼灸で治療していくと、じわじわと、無理なく全身の不調を修復していけますので、服薬とはひと味違った“胃腸の爽快感”や“快便感”を実感できるはず。
毎日、元気に食べられる生活は、あなたのカラダだけでなく、ココロも快活にしてくれるでしょう。

  • いろんな治療法を試したけれど、なかなか改善しない。
  • 原因不明といわれ、どうしたら良いかわからない。
  • このまま薬漬けの生活を続けたくない。
  • 副作用のない鍼灸で無理なく消化力をつけたい。

このような症状でお悩みの方へ

以下のような胃腸症状でお困りではありませんか?

  • 吐き気、嘔吐
  • むかつき
  • ゲップが多い
  • 逆流性食道炎
  • 喉がつかえる
  • みぞおちの辺りがつかえる、ムカムカする
  • 膨満感
  • 食後眠くなる、いつも眠たい
  • 食欲がない
  • 過食または拒食になる
  • (急性・慢性)胃腸炎
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 下痢
  • ガスがたまりやすい
  • 潰瘍性大腸炎
  • 血便が出る
  • 神経性胃炎(キリキリ痛む)
  • 便秘
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 過敏性大腸炎
  • クローン病
原因は?——– 東洋医学の考え

上方向か、下方向か、それとも停滞?
東洋医学では胃腸を取り巻く「気」の流れをみる。

西洋医学にはない、東洋医学の特徴のひとつは、
カラダを空間としてとらえ、体内の動きを上方向か、下方向か、あるいは動いていない=停滞しているか、という方向性で診ている点です。

元気な胃腸は、食べ物を消化して、大・小便になるまで、正常な速度で動いて、しかもベクトルとしては「下方向」に働いています。

東洋医学で一番重視しているのは、「気の動き、流れ」です。
血行やリンパの流れのようなものと考えて頂いてもよいのですが、
この「気の流れ」がうまく流れなくなると、何らかの症状として現れると考えています。
胃腸症状も、「気」の流れとしてみると、
「気」が「下方向へ」行かない、あるいは速度が「速すぎたり、遅すぎたり」してしまう状態=さまざまな症状や病気である、といえるのです。

胃腸を取り巻く【気】の流れ

たとえば、吐き気やゲップ。
これは「気の動き」としては、胃から食道を通って上へこみ上げてくるものなので「上方向」です。
<下痢>はその逆で「(激しい)下方向」。
<胃のもたれ>や<便秘>は気の動きが止まる=「停滞」といえるでしょう。

・吐き気、嘔吐、ゲップ⇒上方向(気逆)
・下痢⇒下方向だが速度が速い
・胃のもたれ⇒動きがない=停滞(気滞)

どれも気の動きの異常が胃腸症状として現れたものです。

胃腸の気の流れの不調。
なにが原因なの?

胃腸を取り巻く「気の流れの変調」。
慢性化している胃腸症状。その原因の多くは、五臓六腑の不調によるものと考えられます。

原因① 五臓六腑の不調
胃腸は五臓が助け合うことで、動きます。
五臓のどれかが不調になると、胃腸も影響を受けてしまいます。

東洋医学の考え方では、胃腸は単独で動いているのではありません。
五臓が助け合って、はじめて胃腸は正常に働くことができるのです。
ということは、五臓のどれかが不調になると、胃腸も影響を受けて不調になります。たとえば、肝臓が悪くても、胃腸に不調が現れる場合があります。この場合は、胃腸だけ治しても、一時的に良くなりますが、またすぐ元に戻ってしまいます。ですから、この場合は肝臓の不調を治すことを先にしなければなりません。

五臓六腑のどこが不調になっても胃腸は影響を受けてしまうのですが、どの内臓を病むか、ということで治療方法は違ってくるので、そこを正しく見極めることが重要といえるでしょう。

胃腸の気の流れを不調にさせる五臓の失調として多く見られるものは、

①肝臓の不調
「全身の気の流れ」をコントロールしているため、肝臓がうまく働かなくなると、「胃腸の気の流れ」も不調を起こします。
②脾臓の不調
「消化作用」を総合的にコントロールしている器官です。胃と連動して、飲食物の消化作用を主導します。
③心臓の不調
心臓は「胃の気」が流れるルート上に位置しているため、心臓の不調は胃の働きにダイレクトに影響します。
④腎臓の不調
腎臓は体内の「先天的な気」をコントロールし、「後天的な気」をコントロールする胃の腑とは密接な関係があり、互いにサポートし合って働いているため、腎臓の不調は胃の働きに影響を与えます。
原因② 悪玉要素の蓄積
胃腸の働きを邪魔するものは、
体内にたまった悪玉要素 = 瘀血・湿痰(水飲)・熱・冷えなど。

五臓六腑の不調は胃腸の働きに影響を及ぼす重要ファクターですが、それによって、あるいは、それ以外の外的な環境原因によって体内に蓄積してしまう悪玉要素があります。
この悪玉要素も胃腸の不調を引き起こす重要な原因となります。
悪玉要素とは、体内にこもった瘀血、湿痰(水飲)、熱、冷えなどが挙げられます。

体内にどんな悪玉要素がたまっているのか、その量と程度によって胃腸症状が軽いか、重くなるか、の差が出てくることになります。

悪玉要素をはびこらせる、根本的な原因とは?

胃腸症状の原因となる、悪玉要素(瘀血、湿痰(水飲)、熱、冷えなど)をはびこらせてしまう根本的原因があります。
それは、主に3つ。

  • 暴飲暴食
  • ストレス・緊張・疲労・精神的うっ屈
  • 五臓の弱り、バランスの失調

①~③によって、体内をめぐっている<気>がめぐらなくなってきます。

<気>がめぐらない状態を【気滞】といいますが、この【気滞】が生じると、悪玉要素はいっそう頑固に体内に留まって、暴れ狂うことになるのです。
日常生活で上記①②が長く続いているようなら、まずそれを軽減していけるように生活を再点検し、十分な休息を取り、適度な運動、バランスの良い食事を心がけると良いでしょう。
また、③五臓の失調が顕著ならば、鍼灸や漢方の専門家に相談し、適切な診療を受けることをおススメします。

悪玉要素をはびこらせる根本原因

胃腸症状をお持ちの方は、その他にも肩こりや頭痛、背中や腰の痛み、あるいはじん麻疹などの皮膚症状、大小便の変調、発汗の過少、口腔や歯(茎)のトラブル、さらには精神的な不調など、さまざまな随伴症状があることが多いです。
鍼灸治療では、それらの症状が何が原因で起こっているのか、胃腸だけでなく、カラダ全体の働きを総合的にチェックして、全身の歪みを整えていきます。

胃腸の不調・便通の悩みを
改善する方法はこちら