toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

肝を冷やそう!

2018-12-04|ストレス / 松下 / 肝臓
Pocket

こんにちは!

今回のコラムはスタッフの松下がお送りいたします(*’▽’)

 

先週の休日は、また早朝から奈良へ鍼治療を受けに行っていました。

 

 

帰宅後、彼女(猫)がいつものようにお出迎えしてくれません…。

3時間経っても姿を確認することが出来ませんでした (; ・`д・´)

こんな事は初めてです。

 

 

 

 

なんと、脱走した模様!

 

 

そして、彼女を野生に放つ手引きをした悪しき共犯者は…

 

 

 

 

 

 

私だ!?

(家族に連絡したところ、私が家を出て以降は猫の姿を見ていなかったそうです。)

 

 

 

やってしまった~!Σ(・ω・ノ)ノ

 

 

 

もうこのまま会えないの!?

と、バクバクしながら外に罠を張ったり(餌を置いたり)

ベランダから家の周りを見渡していると

 

 

「こんな寒空に置き去りにしやがって!」

と訴えんばかりの、大きな大きな鳴き声が近付いて来ました(笑)

ここに来て被害者面するのか! ( ゚Д゚)

( いえいえ、全ては私の不注意です<(_ _)> )

 

 

急いで玄関のドアを開けに行くと

ひっつき虫だらけの彼女が、完全に私をスルー。

トイレに猛ダッシュしていきました(笑)

無事に二便を済ませたようです。

 

ずっと我慢していたのか! えらいぞ!

ごめんよ! 娑婆は楽しかったかい?

 

こうしてあっさりと、約8時間の逃走劇に幕が下りたのでした。

一件落着!

 

寒かったね。仲良くあったまりましょ~う。

 

ということで、松下がとっても「肝を冷やした」お話でした。

焦りました~!(;^ω^)

 

 

 

ではでは、ここからが本題です。

あっという間に、12月に入りましたね!もう今年も終わりです。

 

 

ということは…!

いよいよ忘年会シーズンに突入です!

    カンパ~イ!

 

この時期、心配になるのが肝臓さんのオーバーワークですね。

 

東洋医学において、肝の臓は怒りを主り熱を持ちやすいのです。

また、ストレスを吸収するクッションのような役割をしています。

 

 

なので、長期間の緊張状態・過剰なストレスや言いたいことずっと我慢していると

肝もそれらを受け止めきれず、鬱々としたり反対にカッカして

気持ちのコントロールが効かなくなります。

 

 

そして、これからの忘年会シーズンに

たくさんのお酒をの呑むと肝の臓に熱を持たせてしまいます。

 

 

ここで、背骨の上のほうに並んだツボや

足の甲に存在する肝に関わるツボは清熱解毒、

熱を取る作用があります。

 

 

まさに、肝を冷やすツボ!(*’▽’)✨

肝は冷えているくらいが丁度いいかもしれませんね~♪

クールダウン大事!🐧

 

楽しく呑めればまだ良いのですが、

「キャラじゃないのに1発芸をしなければいけない…」

「お酌や盛り上げるのに気を遣う…」

なんて、気を張って頑張っていらっしゃる方もおられますよね (^-^;

おつかれさまです。

 

 

そんな時はどうぞ、駆け込み寺?ほまれにいらして下さいね。

年末はは12月28日㈮まで診療しておりますので、

院長が一杯一杯になった気持ちも、熱もぷしゅ~っと鍼で大掃除してくれますよ♪

 

 

ちなみに私は鍼の勉強会の後に

楽しく一仕事終えてきました(笑)

 

 

 

それでは失礼いたします。

 

 

 

*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
ランキングはとっても励みになります。
更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************

関連記事