toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

逆子の鍼灸治療 症例2

2019-03-01|症例 / 逆子 / 妊娠 / 不妊治療
Pocket

こんにちは!

 

春は三寒四温。

先週から暖かくなってきたなぁと思っていたら、昨日は一日中、冷たい雨が降りました。

雨が降れば、一歩、春が近づいた証拠。

梅の花は8分咲き?

 

 

寒さもあともう少しですね。

 

 

さて、今日は前回の続き、

「逆子の鍼灸治療  症例」です。

 

先日、私は見逃してしまったのですが、

NHKの『ためしてがってん』で、

逆子の鍼灸治療を特集していたようです。

皆さま、ご覧になられたでしょうか?

見た方のお話では、妊婦さんに鍼を刺した途端、

お腹の赤ちゃんが激しく動くリアル映像があったとか。

 

 

(*´∀`)

 

 

当院でも逆子の鍼をすると、妊婦さんはすぐに「お腹の赤ちゃんがよく動いてます!」と言われます。

そして、正位置に戻る時なんかは、ぐーっと大きく動くのです。

 

(*゚▽゚*)

 

鍼の不思議を目の当たりにする瞬間ですね。

 

さて、今日は逆子治療、2つ目の症例です。

26週目で逆子と判明した妊婦さんの治療です。

 

 

【症例②】

<初診日 2018年3月>

 

37歳 教員・女性

頭痛と第2子目妊娠を希望されて来院。

 

頭痛は同年5月末頃にはほぼ消失。

同年6月初旬 妊娠判明。

以降、7−8月はつわりがきつかったが、胎児は順調に生育していた。

10/19の検診で逆子が判明(26週目)し、3ヶ月ぶりに来院。

 

<第1診 10月23日>

血糖値高め。だるさあり。

温灸と<かざす鍼>(刺さない鍼)の後、刺鍼する。

<第2診 10月29日>

腰痛あり。貧血のため鉄剤を服用始める。残便感あり。

温灸と<かざす鍼>(刺さない鍼)の後、刺鍼する。

 

11月2日の検診で逆子が解消し、定位置に戻っていると判明。

12月から産休に入り、1月24日出産予定。

 

 

【院長コメント】

お仕事をされていて、臨月直前まで家庭と仕事を両立させて頑張っておられたため、

多少疲れが出たのと、頑張るために肝臓の気の太過(使いすぎ)になり、気の重心が上に傾いたことを逆子の主たる原因ととらえて、肝臓の気の調整を主とし、補助的に、疲労と妊娠による腎気の弱りをフォローアップする施術を行いました。

パソコンを使って働く女性の妊娠によく見受けられる、「現代特有の」逆子現象です。

お仕事で肝臓の気を使いすぎて、気の重心が上半身に傾いてしまうことは、逆子の原因となりやすいのですが、鍼灸で上に傾いた気を降ろして、重心を下げ、下半身の気を充実させていくことで逆子が解消されました。

臨月近くになった逆子でも、正確な診立てによって適切な施術をすれば、早期に正位置へ戻すことも可能になってくるのですね。

 

 

 

 

 

*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。 

皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。 

ランキングはとっても励みになります。 

更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m

左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。

ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

関連記事