toggle
大阪市南森町駅より徒歩2分

院長コラム

香港みやげ、アトピーにも効く?漢方オイル

Pocket

皆様、こんにちは!(^○^)

 

スリランカから帰ってきて半月が経とうとしています。

今回はスタッフ松下を伴う初めてのスタッフ研修旅行でした。

台風の影響で、関空が閉鎖されたこともあって、

行きは「名古屋〜〜鹿児島〜〜香港〜〜スリランカ」と、まぁ滅多に行けないルートでコロンボ空港にたどり着きました。

スリランカに旅行した日本人は「もう1度行きたい!」とお気に入りの国になることが多いようですが、今回、スタッフ松下も例外ではないようで、
帰国して難波駅に降り立った瞬間「帰りたいっ!!」と涙目になったとか。(^◇^;)

 

たしかに私も、当たり前のように2回、3回とリピートしているスリランカですが、

治療家としてもスリランカは魅力がいっぱいです。

アーユルヴェーダ医学やスピリチュアル・パワー治療など盛りだくさんな治療や先生方が国内各地、あちこちに隠れていて(クチコミでないと探し当てられない(^◇^;))、

知れば知るほど大変興味深い国なのです。

 

当コラムでも、また折りにふれて、皆様にお役に立ちそうなスリランカでの経験・治療情報をお話ししていければと思っています。

 

さて、今日は、スリランカへ行く途中に立ち寄った「香港」で買った漢方薬(オイル)のことをお話ししようと思います。

 

そのオイルとはこちら↓

   

すごいパッケージですね。いかにも効きそう。

 

(^○^)

 

これは「関節痛」に悩む知人女性へのお土産として買ったもので、

名称は『追風活絡油』

 

効用は、

「舒筋活絡」「止痛袪瘀」

 

中国語でなんとなく効きそうだけれど、その意味とはーーー?

 

( ̄▽ ̄)

 

 はるか昔の話で恐縮ですが、中国留学歴のある私、院長がその意味をうっすらと(笑)ご説明しましょう。

「追風活絡」とは、“風を追い出して経絡を活性化する“というような意味。

 「風」とは「風邪(ふうじゃ)」のことでしょう。

 風邪が体内にあると、それが原因で、血行不良になったり、筋肉の動きが悪くなったりするので、それを追い出して、経絡(体内に流れている気血の通路)の通りを良くするためのオイル、という意味になると思います。

 

また「舒筋活絡」とは、「筋肉をスムーズに動くようにして、経絡を活性化する」こと。

「止痛袪瘀」は「瘀血を除いて、痛みを止める」ことですね。

「瘀血」とは、血行不良によって出来る経絡上の血の塊のこと。瘀血は、川の中の岩のように流れを邪魔して、それが痛みとなって現れてくるのです。だから、この瘀血を除くことで血行を改善して痛みも止まるよ、ということなんですね。

  

 

 日本で売られている関節痛などの塗り薬には、この「瘀血」という考え方がありません。

 なので、香港で見つけたこの塗り薬を「買い!!」と思ったわけです。

 

 使ってみた知人女性からは「とってもよく効いた」とメールをもらいました。

 さらに、旦那様のアトピーにもよく効いている、とのこと。

 

 ははぁ、なるほど。

 

 (^○^)

 

 

 さて、なぜ関節痛の薬がアトピーに効いたのでしょうか??

 

 

 次回は、関節痛とアトピーの思わぬ共通点についてお話ししていきます。(^○^)

 *****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

関連記事