「妊活・妊娠と伝統鍼灸」女性に優しい大阪市南森町駅徒歩2分の鍼灸院、鍼灸院ほまれ(梅田・天満・大阪市北区)

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日は休診(水は不定休)

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日は休診(水は不定休)

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

コラム検索

カテゴリー、タイトル別検索はこちら

【 院長日記 】カテゴリーを表示

2018年3月8日

妊活・妊娠と伝統鍼灸


こんにちは(^-^)

啓蟄を過ぎて、まだ冷たい風が吹いてはいますが、春の気配が日に日に増しています。




天神様の上空も春の気配が…。

(^-^)


春到来とともに花粉症や肩こり、めまいなど、本格的に春の症状がやってきて、つらい季節でもありますね(>_<)

桜が咲くまでは春の気(自然界の気が上に伸びる勢いが強い季節です)が強く人体にも作用します。


春は肝臓の季節です。



東洋医学の考え方で【肝臓】に関わるものは、

◎肉体的には、目、筋肉、子宮・生殖器官などがあり、

◎精神面では疲労をためる、ストレスをためる、怒り、イライラ

などがあります。





前回のつづき、妊娠についてのお話ですが、この妊娠にもこの【肝臓の働き】が大きく関わっているのです。


今日は、

伝統鍼灸でお身体の状態を判断する診断方法【脈診、舌診、ツボ観察など】について

お話ししていきたいと思います。

この手法は妊活・妊娠希望の方、月経はじめとして生殖器官を整えたい方にも行う手法です。




            


中国古来から日本へ伝わった鍼灸。

その昔から、どのように診察して、どのように判断して、治療してきたいのか?

その診察方法を現代でも受け継いでいる鍼灸のことを「伝統鍼灸」というような呼び方をしています。

すべての鍼灸院が伝統鍼灸をしているわけではありません。

伝統鍼灸とそうでないものを見分けるポイントは何でしょうか?

<本格的な伝統鍼灸>といえるものの要件として、私は次のようなことを考えています。



【伝統鍼灸に必要なこと】



五臓六腑の働きに関する明確な理論をベースにして、

【脈診】【舌診】そして【ツボ観察】を正確に把握でき、

そうした上で、患者さんのお身体の状態を理論的に、実践的に正確に把握して、治療方法(「治則治法」といいます)を提示できること。







患者さんのお身体を診させて頂いた時点で、その患者さんのお身体に何が起きているのか、どうして妊娠に至らないのか、何が原因なのか、が明快に説明できるものでなければなりません。

その上で、どのような治療をしていけばいいか、どのくらいの期間治療が必要なのかの目安も含めて、提示できることが伝統鍼灸の最大のメリットだと思います。



実際に、来院された患者さんに、当院で行う初診は次のようなことです。

①問診(1時間程度)…..



質問票に記入して頂いた情報をもとに、生まれてから現在までのお身体の状況をお聞きしていきます。
生理の状態だけでなく、他に病歴がないか、幼少期・思春期・青年期の体調はどうだったか、どんなお仕事をしてきたのか(立ち仕事orデスクワーク)、結婚されてからの体調の変化や生活上の変化、ストレスの状態など、をお聞きしていきます。




②体表観察→施術(1時間程度)…..



①の情報をもとに、五臓六腑や気血の働きの不調な点を実際のお身体から確認していきます。

体表観察は、①脈診 ②気色診 ③舌診 ④ツボ観察 の4つあります。

①〜③ : 脈や顔色、舌の色などから、その方の健康状態をみていきます。

④ツボ観察:手と足、体幹にたくさんあるツボに手を触れて、適切な張りや弾力があるか、凹みや隆起がないか、熱いか冷えてるか、発汗の有無をみます。


この体表観察までしてはじめて、その方の五臓六腑の状態、どこが弱っているか、どこは大丈夫かがわかってきて、なぜ妊娠に至らないのか、を見極めることができます。




不調の状態がわかると、同時に、なぜそうなったのか、原因がわかってきます。



たとえば、

①体表観察で肝臓の状態に異常が見つかったとします。

②なぜ肝臓の状態が悪くなったのか?その原因を探ります。
たとえば肝臓のツボに異常に熱感がある場合は、肝臓に熱がこもっていると考えます。
脈診や舌診、気色診においても、同様に肝臓の熱を示す結果が出たとします。
これを「肝火」といいますが、

③なぜ「肝火」がこもっているのか?
その原因のヒントは、最初の問診から、その方の生活状況をお聞きした内容から判明することもあります。

【例】その方のお仕事がデスクワークで一日中パソコン作業をして目(=肝臓を使う)を酷使し、肩こり(=筋肉=肝臓を使う)も日常化していたとします。それだけでなく、仕事でもプライベートでもストレス(=肝臓を使う)があり、その解消はお酒を飲む(=肝臓を使う)ことだけ、毎朝起きたときから疲れを感じる、疲れが取れない(疲労=肝臓)というような生活を続けてきたとします。





④これでは肝臓を使い過ぎ、肝臓に負担がかかり過ぎですね。
すると、当然、肝臓が疲れてきって、その働きが鈍ってきますよね。

で、肝臓に関わる臓器にも影響が出てきます。

たとえば、

子宮、卵巣、月経にも…!!!




(>_<)




伝統鍼灸では、このような状態を【肝鬱化火】といいます。

そしてもちろん対処法があります。


治療法はいろいろなパターンがありますが、

単純にいうと、肝臓のツボに鍼をするなどして、肝臓に刺激を与え、その働きを元に戻していくやり方です。


鍼をした後に、再度、体表観察をします。

施術前に見た脈や舌やツボが、良い方向に変化していればOK。


 



そうなると、自然と症状は快方に向かいます。

子宮の働きも活性化し、正常な状態に戻っていくと思われます。

ヽ(´▽`)/




…というふうな手順をとって伝統鍼灸の施術は行われるのです。

目に見えない【気】というものを扱うために、しっかり目に見え&触れてわかるツボや舌や脈を見ていくメソッドが確立されている。



【まず原因を見極める→それに対する対処法がある→原因を解消させる】


   これが伝統鍼灸のメリット!!




これが伝統鍼灸のやり方です。

古来からのやり方ですが、結構、理論的なのですね。


   


私は伝統鍼灸の持つ、こういう理論的でスパッと切れるところが治療家の立場からしても好きなのです。

(^-^)





*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天満・天神橋に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************


2018年3月8日|めまい ,不妊治療 ,季節とカラダ ,花粉症 ,院長日記コメント&トラックバック(0)

2018年2月2日

【妊娠・不妊・妊活】信頼できる鍼灸院選びのポイント

こんにちは(^-^)



寒い!
他の地域と比べたら大阪はまだマシ!とはいえ、寒い寒い日が続いています。

(>_<)



もうすぐ節分。立春は間近。

でも、だからこそ、この寒さなのかもしれません!(>_<)


さて、冬は滋養の季節で、冬眠する動物のように、人間もエネルギーを使い過ぎず、省エネで過ごすのがカラダにとっても良い季節です。

そして2月4日の立春を過ぎますと(東洋医学では人間の身体の「春」は【立春】から始まると考えます)、人体も始動モードに入っていくのです。

生命が生まれる季節がまさに【春】なのです。


ということで、今日は人間の生命の始まり、【妊娠〜出産】について、鍼灸との関わりからお話ししていきたいと思います。




現代社会では、生活形態や食べる物などが大きく変化して、昔(戦前・昭和?)に比べると、すんなり妊娠しにくい女性が増えています。

「妊活」という言葉も定着しつつあり、「不妊治療」を受ける方も増えています。

それとともに、鍼灸で「不妊治療」を受けてみたいと思う方も増えています。


かくいう当院でも、そのような妊娠希望の方が多く来院されていまして、その方達に、鍼灸の伝統的な手法で「妊娠」に向けての施術をしています。



さて、【伝統的な手法】とはどんなものなのでしょうか。


日本にある「伝統鍼灸」あるいは「中医学」を標榜する鍼灸院では、

その鍼灸の考え方や理論は、2000年以上も前に中国で書かれた古典的書物をベースにしています。
それらの書物には、【気】の動きを調整して、人体のバランスの歪みを整えていく治療方法が書かれているのです。




【気】を調整することで、五臓六腑を正常に活動できるように促し、そうすることで、それ以外の器官も自然とそれに従って整っていく、という考え方です。



【不妊】【妊活】の鍼灸は、そういう【気】の調整の治療をした上で、

結果的に、子宮や卵巣の動きが活性化し、自然に生理が来る、基礎体温もしっかり高温期と低温期に分かれ、月経周期も順調で…ということを起こすように促していくのです。






<<大切な鍼灸院選び>>

大阪市内でもこのような伝統的な鍼灸を標榜する鍼灸院がありますが、

残念ながら、その数は本当に少数です。

鍼灸院であれば、みな【気】の調整や五臓六腑のバランス調整を基本にしているわけではないのです。

鍼灸ならどこも同じ、というわけではありません。

妊娠に強い鍼灸院を探したいけれど、なにを目安に選んだらいいかわからない、という方は多いはず。

先生との相性やお店の雰囲気も大切ですが、まずなにより大切なのは技術的なレベルと信頼性ですよね。

HPでは「妊娠成功率◯◯%」とかなり高い確率を並べている鍼灸院もありますが、専門家の目から見れば??という疑問符をつけたくなる点もないわけではありません。

これから鍼灸を利用して妊活しようと考えている方は、

選ぶ目安として、次のような点を参考にされるのがよいでしょう。

   
◆妊活の鍼灸院を選ぶポイント①◆

その鍼灸院がどのような理論をベースに、何を標的に、どういう方法を使って施術しているか

HPなどをよく見て選ぶことが大切です。




どのタイプの手法を行なっているか、妊活の鍼灸の手法は、大きく分けて、次のようなタイプがあります。


局所的な施術…..子宮や卵巣の近くに鍼灸を施し、その動きを活性化します

遠隔的な施術….伝統鍼灸の手法といわれるもので、不妊の原因と思われる点(ホルモンの過不足、子宮環境の不適、血行不良、ストレスなど)を改善するため、全身的に調整していく鍼灸を施します

局所・遠隔折衷タイプ….①と②を合わせて鍼灸を施します




①②③ どれもそれぞれ長所があります。

当院はどのタイプかというと、

②遠隔的な施術を主とし、
必要に応じて③局所・遠隔折衷の施術も行なっています。





鍼灸はそもそも中国で生まれた【気】という概念を利用した治療方法です。

伝統鍼灸は、その考え方を非常に忠実に再現していく手法を取ります。
だからこそ、よく【気】が動き、西洋医学では考えられない(不可能と思える)ものでも可能にすることあり得るわけです。


西洋医学のクリニックですでに妊活を始めている方で、なかなか妊娠に至らない方は、
一旦、アタマを切り替えて、全身の調整をしてみるという意味で、
独自の観点を持つ②の伝統鍼灸タイプを選んでみるのも良いと思います。



次回は、鍼灸院選びに役立つポイント②、

お身体の状態を判断する診断方法【脈診、舌診、ツボ観察など】について、お話ししていきたいと思います。


*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天満・天満橋・天神橋に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************

2018年2月2日|不妊治療 ,院長日記コメント&トラックバック(0)

2018年1月9日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


2018年、診療は本日からです。

今日の天神様は雨上がり、「十日えびす」が始まり、境内も明るい!

 






 さて、

私、お正月は、今年もスリランカで過ごすことができました。

暑い国でのお正月。

気候は違えど、仏教国なので、

ちゃんと初詣はありました。

早朝からお寺では、たくさんの人が供物をもって並びます。







お供えは神様と同じく神聖なもの。

新鮮な果物を朝一番の井戸水で洗い、ココナッツミルクご飯なども添えてお供えしました。





写真は、私がいつもお世話になっているガイドさんご一家。


今年も一緒に初詣ができて嬉しいです。

(^o^)



さて、


たっぷり充電してきたので、パワー満載で今日から診療、頑張りたいと思います!

今年は、鍼灸院ほまれも6年目になります。


個人的には、鍼灸施術の勉強も新たな角度から研鑽を積んでいきたいと思うところがあり、

基本をしっかり固めつつ、毎日少しずつ練習して、鍼の技術を高め、患者様の症状を早く確実に軽減できるよう努めていきたいです。


皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。


(*^▽^*)


*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。


大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

2018年1月9日|院長日記コメント&トラックバック(0)

2017年12月24日

何を食べたらいいか③ <パンをやめてみたの巻>

 

こんにちは。(^_^)


さてそんなわけで、前回、小麦=グルテンの恐ろしさを知った私。

(^_^;)


 


グルテン漬けだった自分の両親が(おそらく)そのために認知症と心筋梗塞で亡くなったのではないかとの以前からのうっすらとした疑惑が確信に変わりました。

 

・・・ということは、私もやはりその体質を受け継ぐ身だから・・・?

 

やっぱり小麦と砂糖を過剰摂取しては二の舞になるなぁ・・・。

(~_~;) 


心底、身に沁みて、そう思ったので、



パンをやめる決意をしましてん!


)^o^(

 

これまで何十年間も、朝食のパンがとってもとっても楽しみだったので、それを絶つのは

断腸の想い

だったのですが・・・


(>_<)

 

そこで苦肉の策。

▶︎パンのような(ふっくら柔らかい、ほのかに甘みもある)ものはやめられそうにないので、グルテン小麦でなく米粉を100%使ったパンに変えることにしました。

 

▶︎それからパウンドケーキや、スナック菓子、小麦を使った和菓子(饅頭とか)もやめました。

 

▶︎以前から、パスタやうどん、グラタン、ピザなどは滅多に食べないようにしていたので、こちらは現状維持。

 

▶︎例外は、コロッケ、唐揚げ、天ぷらなどの小麦を使った衣の食べ物。

これは多少はOKにしてみました。

 

 

米粉100%のパンは成城石井に3種類置いてあります。


   



これはハッキリ「グルテン不使用」と記載されているから安心。

米粉パンと謳っていても100%ではないものも多いので、そこは要チェックです。

 

この食パンは、砂糖が入っているので結構甘いですが、砂糖ゼロを見つけるのは至難なため、そこは目を瞑りました。

 

実際、持っただけで重いですが、食べてみるとお腹にズシンと重く感じます。

でもモチモチ感もあるし、バターなど好きなものを塗って食べれば、かなりの満足感があります。

 

 

こうしてグルテン・フリー生活を始めました。
3日も続けていると、

不思議なことにパンが食べたいと思わなくなってきます。


1週間後には、身体が軽くなってきました。

お通じも以前は軟便傾向でしたが、しっかりした形のが出るようになってます。
出た後は、すっきり。



快便とはまさにこのことだな、



と感じます。

便器につくような粘性の便が出なくなりました。

 

これって、湿痰がなくなってること〜???!!!

 

 

3週間経った頃には、パンの匂いに惹かれなくなり、パン屋さんの前を通っても入りたくなくなりました。

 

グルテンがグルテンを呼ぶ〜。

 

 

とはこのことでした。

 

そして現在は、グルテン・フリー生活を始めて2か月になりますが、

今、パンを食べることを考えると、お腹がもたれる感じがします。

 

グルテンフリー生活を始めての変化をまとめると、

 

◯快便になった(1日1〜2回。便のキレがいい。残便感がない)

◯お腹が張らない

◯みぞおちの詰まりが減る

◯身体が軽い

◯イライラ感が減った

◯喉の違和感がなくなる

◯痩せた(1kg?)

◯肩こりがない

◯鼻水が減る

◯おりものが減る

 

 

という感じで、身体に良いことがたくさん起こっていますね♪

 

一番嬉しいのは、湿痰がかなり減ったような気がすること。

湿痰は、病理産物で、体内に蓄積されていくと、万病、がんなどの原因になると考えられているので、湿痰の症状(上記症状のほとんどがそうです)が減っているというのは、慢性病のリスクが減っているということ。

 

 

(^з^)-♪

 

 

成城石井の米粉パンのおかげで、グルテンフリー生活に切り替えることができました。

これからも継続していきたいです。

 

今度は、美味しい米粉を使ったお料理とかにチャレンジしてみたいですね。

 

 

慢性的な症状で困っている方には、このグルテンフリー、一度オススメしたい養生法です。

 

(^O^)/

 

 

*****************

 

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。

 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。

 ランキングはとっても励みになります。

 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  

左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。

ポチッとよろしくお願いします。

 

 

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

 

*****************

 

 


2017年12月24日|グルテンフリー ,グルテンフリー ,減糖 ,院長日記 ,食と健康コメント&トラックバック(0)

2017年12月21日

何を食べたらいいか②<グルテン恐怖の巻>



こんにちは(^_^)

「何を食べたらいいか」

今日はその2回目。グルテンについてお話ししていきます。

グルテンは小麦に含まれている成分。

ウィキペディアで「グルテン」を調べると、

「グルテン あるいは麩質は、小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種でグルテニンとグリアジンが水を吸収して網目状につながったもの。麺類やパンなど、小麦加工品を作る上で弾性や柔軟性を決定し、膨張を助ける重要な要素となっている。 」

とあります。

グルテンが入っているからパンはふっくらと焼きあがるし、麺にもコシが出るのでしょうね。

 

さて東洋医学的な視点では、
このグルテンのベタッとした感じ、モチモチ感は、「湿痰」という病理産物になりやすい性質を持っていると考えます。
湿痰とは、粘りのあるドロッとした水分が体内に蓄積したものです。

【東洋医学でいう湿痰

 ・・・それは体内に溜まる”のりのような病理物質】



湿痰には重い性質があります。
湿痰が体内に蓄積されると、気や血の流れが重くなって全身的に流れにくくなり、
また内臓や脳や筋肉の動きまでも鈍くなってきます。


ですから東洋医学的にも、このグルテンを沢山取ると、気血、全身の動きを鈍化させることになり、五臓六腑の失調を招き、病気の原因になりやすいために、グルテンはあまり取らない方がいいということになりますね。

実際、当院の患者さんにも小麦を過食することによって体調を崩している方が多くいらっしゃいます。





炭水化物と糖質の研究で知られるアメリカの神経科医、デイビッド・パールマスター氏は、

グルテン過敏症が引き起こす主な症状として、次の症状を挙げているんです。

 

◯ADHD

◯アルコール依存症

◯不安

◯運動失調、平衡感覚の喪失

◯自閉症

◯糖尿病

◯自己免疫疾患(関節リウマチ、慢性リンパ球性甲状腺炎など)

◯頭に霧がかかった感覚

◯がん

◯胸の痛み

◯うつ病

◯心臓疾患

◯食べ物の吸収不良

◯消化困難(腸内ガス、膨満、下痢、便秘、激しい腹痛など)

◯吐き気、嘔吐

◯パーキンソン病

◯糖質を摂りたい欲求

◯蕁麻疹、発疹

(『いつものパン』があなたを殺す)D・パールマスター著、三笠書房刊 105頁)

 

 

 (>_<)

 

 

 ひゃあ〜 (>_<)

 

 

こうして見ると、現代の慢性的な病のほとんど?にグルテンとの関係が・・・。

 

 

思ってたよりハイリスクなんだなぁと思います。

 

 

!(◎_◎;)

 


そうはいっても、私はパンが大好き!どうしてもやめられない!という方も多いはず。

院長も実はその一人でした・・・ (^_^;)・・・・。

でも、この本を読んでから、ホンマにやばいなぁと思って、
清水の舞台から飛び降りるつもりで、何十年も習慣になっていた朝食のパンをやめてみようと思ったのです。


さてどうやってやめたか、そしてその結果、どうなったかーー?


次回へ続きます〜〜


*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。 

 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。 

 ランキングはとっても励みになります。 

 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  

左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。

ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

 

2017年12月21日|グルテンフリー ,グルテンフリー ,減糖 ,院長日記 ,食と健康コメント&トラックバック(0)

診療日カレンダー

【ゴールデンウィークの診療について】
GW期間中[4/23(月)~5/7(月)]の診療は、
4/24(火)、4/27(金)、 5/1(火)のみになります。
急患の方はGW休診日でもメールでのご相談を受け付けております。
遠慮なくお尋ねくださいませ。

…休診日

※土曜日の受付は8:30~11:30・13:30~16:00、祝日の受付は9:30~13:00

お気軽にご予約・お問い合わせください

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

【受付時間】9:30~11:30/16:30~19:30 ※木・日曜休診、水曜不定休

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日曜休診、水曜不定休

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ