「アレルギーと風邪の予防【喉・鼻うがい法】」女性に優しい大阪市南森町駅徒歩2分の鍼灸院、鍼灸院ほまれ(梅田・天満・大阪市北区)

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日は休診(水は不定休)

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日は休診(水は不定休)

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

コラム検索

カテゴリー、タイトル別検索はこちら

【 食と健康 】カテゴリーを表示

2018年1月21日

アレルギーと風邪の予防【喉・鼻うがい法】

こんにちは!

(^_^)

今日は少し気温も上がりましたが、

明日からはまた大寒のこの時期、しばらく厳しい寒さが続きそうですね。


(>_<)


インフルエンザも流行っています。

お正月から不調を訴え、来院される方も増えてきました。

私も毎年、この時期に大風邪を引くことが多くて、本当に辛い時期なのですが、

今年は昨秋から小麦をやめたことで体調がすこぶるイイ感じなので、今年はもしかしたら風邪引かないかも?!と期待しています。


(^o^)☆☆


前回のブログで「小麦をやめる=グルテンフリー生活」のメリットを書きましたが、

あれ以降、お腹の詰まりがなくなり、気分的にもリラックスできて、全身の軽さを感じているほかに、

不思議と「カフェイン」が摂りたくなくなってきています。


(・・?)






カフェインは、東洋医学的にみると、肝臓に刺激を与えすぎて、緊張感をもたらすと考えられていますから、

小麦を食べなくなって、全身の気血の流れが良くなっていくことで、肝臓も滞ることなくスムーズに働いてくれるようになったのでは?と思います。

その結果として、
過度に緊張をもたらすカフェイン摂取がしんどくなってきたのかな、と考えています。


小麦をやめたことでこんなに体調が良くなるなんて、
私ももしかして「グルテン不耐性」「グルテンアレルギー」だったのでは?





でも小麦をすっかりやめられて、今ではまったくと言ってもいいほど、小麦を食べたいと思わなくなりました。

小麦が小麦を呼んでいたんだなぁ…。



!(◎_◎;)





小麦をやめただけで、全身・五臓六腑の働きが自然な方向へ流れ出したということでしょう。


このまま続けていけば、きっと今年の厳寒も元気に過ごせそうです。



\(^o^)/



★そして★グルテンフリー以外にも★さらにさらに★強い味方が増えました。


アーユルヴェーダ・スクールで習った「ノドと鼻」の浄化法です!



乾燥するこの季節に、炎症を起こしやすい「ノドと鼻」。

アレルギー症状もこの時期に悪化しやすくなりますね。

さてどうやって改善したらいいのでしょうか。


アーユルヴェーダでは、この喉と鼻への対処法として、口腔と鼻腔をきれいに消毒し浄化するものとして考えているのが、

ターメリック=うこん】なのです。


ターメリックでうがいをします。


やり方は簡単。



水道水350ml + 天然塩 (小さじ1/2)+ターメリック少量(小さじ1/2)


でうがい水を作ります。

【のど】…… この水で喉うがいするだけです。


【鼻】…… 綿棒を浸して、鼻の中をお掃除する。鼻うがい出来れば尚ok





私は1日に何度もうがいするので、ペットボトルに作って、1瓶 洗面所に置いています。



春先に花粉症や鼻炎、アレルギーでお悩みの方にも、このターメリックうがい法はオススメです。


<鍼灸院ほまれ>は大阪のど真ん中の地域(北区天神橋)にあり、昼夜問わず交通量が多く、結構、大気が汚れています。この大気汚染に加えて、花粉などが飛んでくる春の始まりは、アレルギー反応を引き起こす原因が充満しています。

 私もスタッフも、外出して戻った時は、すぐにこの鼻うがいと喉うがいをするよう習慣づけています。


そしてターメリックうがいをした後は、めちゃスッキリします。

塩水だけのうがいと比べても、ターメリックうがい法は爽快感と、持続時間が良い感じがします。


2月3日は節分、2月4日からはもう「春」です。


(*^▽^*)


暖かくなる前に、もうひと山、季節の変わり目の不安定な季節でもあります。


この季節を自分自身で身体を養生して、うまく乗り切り、


日常生活をハツラツと過ごしたいものです。





*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天神橋・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************

2018年1月21日|アレルギー ,アーユル・ヴェーダ ,グルテンフリー ,グルテンフリー ,季節とカラダ ,花粉症コメント&トラックバック(0)

2017年12月24日

何を食べたらいいか③ <パンをやめてみたの巻>

 

こんにちは。(^_^)


さてそんなわけで、前回、小麦=グルテンの恐ろしさを知った私。

(^_^;)


 


グルテン漬けだった自分の両親が(おそらく)そのために認知症と心筋梗塞で亡くなったのではないかとの以前からのうっすらとした疑惑が確信に変わりました。

 

・・・ということは、私もやはりその体質を受け継ぐ身だから・・・?

 

やっぱり小麦と砂糖を過剰摂取しては二の舞になるなぁ・・・。

(~_~;) 


心底、身に沁みて、そう思ったので、



パンをやめる決意をしましてん!


)^o^(

 

これまで何十年間も、朝食のパンがとってもとっても楽しみだったので、それを絶つのは

断腸の想い

だったのですが・・・


(>_<)

 

そこで苦肉の策。

▶︎パンのような(ふっくら柔らかい、ほのかに甘みもある)ものはやめられそうにないので、グルテン小麦でなく米粉を100%使ったパンに変えることにしました。

 

▶︎それからパウンドケーキや、スナック菓子、小麦を使った和菓子(饅頭とか)もやめました。

 

▶︎以前から、パスタやうどん、グラタン、ピザなどは滅多に食べないようにしていたので、こちらは現状維持。

 

▶︎例外は、コロッケ、唐揚げ、天ぷらなどの小麦を使った衣の食べ物。

これは多少はOKにしてみました。

 

 

米粉100%のパンは成城石井に3種類置いてあります。


   



これはハッキリ「グルテン不使用」と記載されているから安心。

米粉パンと謳っていても100%ではないものも多いので、そこは要チェックです。

 

この食パンは、砂糖が入っているので結構甘いですが、砂糖ゼロを見つけるのは至難なため、そこは目を瞑りました。

 

実際、持っただけで重いですが、食べてみるとお腹にズシンと重く感じます。

でもモチモチ感もあるし、バターなど好きなものを塗って食べれば、かなりの満足感があります。

 

 

こうしてグルテン・フリー生活を始めました。
3日も続けていると、

不思議なことにパンが食べたいと思わなくなってきます。


1週間後には、身体が軽くなってきました。

お通じも以前は軟便傾向でしたが、しっかりした形のが出るようになってます。
出た後は、すっきり。



快便とはまさにこのことだな、



と感じます。

便器につくような粘性の便が出なくなりました。

 

これって、湿痰がなくなってること〜???!!!

 

 

3週間経った頃には、パンの匂いに惹かれなくなり、パン屋さんの前を通っても入りたくなくなりました。

 

グルテンがグルテンを呼ぶ〜。

 

 

とはこのことでした。

 

そして現在は、グルテン・フリー生活を始めて2か月になりますが、

今、パンを食べることを考えると、お腹がもたれる感じがします。

 

グルテンフリー生活を始めての変化をまとめると、

 

◯快便になった(1日1〜2回。便のキレがいい。残便感がない)

◯お腹が張らない

◯みぞおちの詰まりが減る

◯身体が軽い

◯イライラ感が減った

◯喉の違和感がなくなる

◯痩せた(1kg?)

◯肩こりがない

◯鼻水が減る

◯おりものが減る

 

 

という感じで、身体に良いことがたくさん起こっていますね♪

 

一番嬉しいのは、湿痰がかなり減ったような気がすること。

湿痰は、病理産物で、体内に蓄積されていくと、万病、がんなどの原因になると考えられているので、湿痰の症状(上記症状のほとんどがそうです)が減っているというのは、慢性病のリスクが減っているということ。

 

 

(^з^)-♪

 

 

成城石井の米粉パンのおかげで、グルテンフリー生活に切り替えることができました。

これからも継続していきたいです。

 

今度は、美味しい米粉を使ったお料理とかにチャレンジしてみたいですね。

 

 

慢性的な症状で困っている方には、このグルテンフリー、一度オススメしたい養生法です。

 

(^O^)/

 

 

*****************

 

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。

 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。

 ランキングはとっても励みになります。

 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  

左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。

ポチッとよろしくお願いします。

 

 

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

 

*****************

 

 


2017年12月24日|グルテンフリー ,グルテンフリー ,減糖 ,院長日記 ,食と健康コメント&トラックバック(0)

2017年12月21日

何を食べたらいいか②<グルテン恐怖の巻>



こんにちは(^_^)

「何を食べたらいいか」

今日はその2回目。グルテンについてお話ししていきます。

グルテンは小麦に含まれている成分。

ウィキペディアで「グルテン」を調べると、

「グルテン あるいは麩質は、小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種でグルテニンとグリアジンが水を吸収して網目状につながったもの。麺類やパンなど、小麦加工品を作る上で弾性や柔軟性を決定し、膨張を助ける重要な要素となっている。 」

とあります。

グルテンが入っているからパンはふっくらと焼きあがるし、麺にもコシが出るのでしょうね。

 

さて東洋医学的な視点では、
このグルテンのベタッとした感じ、モチモチ感は、「湿痰」という病理産物になりやすい性質を持っていると考えます。
湿痰とは、粘りのあるドロッとした水分が体内に蓄積したものです。

【東洋医学でいう湿痰

 ・・・それは体内に溜まる”のりのような病理物質】



湿痰には重い性質があります。
湿痰が体内に蓄積されると、気や血の流れが重くなって全身的に流れにくくなり、
また内臓や脳や筋肉の動きまでも鈍くなってきます。


ですから東洋医学的にも、このグルテンを沢山取ると、気血、全身の動きを鈍化させることになり、五臓六腑の失調を招き、病気の原因になりやすいために、グルテンはあまり取らない方がいいということになりますね。

実際、当院の患者さんにも小麦を過食することによって体調を崩している方が多くいらっしゃいます。





炭水化物と糖質の研究で知られるアメリカの神経科医、デイビッド・パールマスター氏は、

グルテン過敏症が引き起こす主な症状として、次の症状を挙げているんです。

 

◯ADHD

◯アルコール依存症

◯不安

◯運動失調、平衡感覚の喪失

◯自閉症

◯糖尿病

◯自己免疫疾患(関節リウマチ、慢性リンパ球性甲状腺炎など)

◯頭に霧がかかった感覚

◯がん

◯胸の痛み

◯うつ病

◯心臓疾患

◯食べ物の吸収不良

◯消化困難(腸内ガス、膨満、下痢、便秘、激しい腹痛など)

◯吐き気、嘔吐

◯パーキンソン病

◯糖質を摂りたい欲求

◯蕁麻疹、発疹

(『いつものパン』があなたを殺す)D・パールマスター著、三笠書房刊 105頁)

 

 

 (>_<)

 

 

 ひゃあ〜 (>_<)

 

 

こうして見ると、現代の慢性的な病のほとんど?にグルテンとの関係が・・・。

 

 

思ってたよりハイリスクなんだなぁと思います。

 

 

!(◎_◎;)

 


そうはいっても、私はパンが大好き!どうしてもやめられない!という方も多いはず。

院長も実はその一人でした・・・ (^_^;)・・・・。

でも、この本を読んでから、ホンマにやばいなぁと思って、
清水の舞台から飛び降りるつもりで、何十年も習慣になっていた朝食のパンをやめてみようと思ったのです。


さてどうやってやめたか、そしてその結果、どうなったかーー?


次回へ続きます〜〜


*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。 

 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。 

 ランキングはとっても励みになります。 

 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  

左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。

ポチッとよろしくお願いします。

大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

 

2017年12月21日|グルテンフリー ,グルテンフリー ,減糖 ,院長日記 ,食と健康コメント&トラックバック(0)

2014年11月7日

冬がはじまるよ♪

こんにちは !(^^)!

 

今日11 月7日は立冬。

東洋医学では、四季の変化とともにカラダも変化していくと考えられていて、それも旧暦で考えますので、明日からはもう冬のカラダが始まる、ということになりますね。

 立冬



でも、冬のカラダってどんな感じ―??(・・?

 

今日は東洋医学の<冬>についてちょっとお話しましょう。

 

具体的には、たとえば、脈が「冬の脈」になります。

冬の脈というのは、「石脈(せき・みゃく)」というのですが、

読んで字のごとく、「石」みたいに脈で、皮膚表面から触ると沈んでわかりにくい脈です。

 

健康な人でも、このように少し沈んで堅めの脈になってきます。

人間も自然の一部と考えるのが東洋医学の基本ですから、

そういう視点からいうと、人間の脈も冬の動植物なんかと同じように、静かでじっとしているようなイメージで打つようになる、と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

脈が冬バージョンになってくるわけですから、

カラダも当然、冬バージョンなはず。

だから、それに応じた動かし方、使い方をするのがベターです。

 

夏の暑い盛りのように、活動的になる必要はありません。

冬は「収蔵(=閉じ込める)の季節」といって、来る春・夏に向けて「エネルギーや栄養を蓄える」時期。

ひっそりと見える土の中で、木々が栄養を蓄え、根をしっかりと下ろすように、人間もまた「充電期間」で良いのではないでしょうか。

 

“あまり無理をしない。”

 

↑特に心がけたい冬の過ごし方ですね (^◇^)

 

 

五臓六腑でいうと、冬は腎臓がよく働く季節です。


腎経

(上図:足の少陰腎経…お腹と足の内側を通る気のルートです)

腎の臓は、腰・下半身をコントロールしている内臓でもありますから、冬は足腰を冷やさないようにして、しっかり滋養していきましょう。

収蔵(=閉じ込める)の季節だからといって、じっとして動かないのが良いわけではありません。

やはり適度に動いて、体内の血行を良くし、外気の寒さに耐えられるよう、食べ物は温かいものを基本に、根菜類や海草をしっかり摂っていくのが快適に過ごすコツといえるでしょう。

 

中国ではこの時期、カラダを補う食べ物として冬の野菜を油で炒めてから「スープ鍋」や「煮込」にして食べるそうです。

野菜のエキスを閉じ込めたまま、たっぷり摂取して、カラダを温め、血行を良くして滋養する調理法ですね。

これが豊臣秀吉の朝鮮出兵の時、兵士が日本に持ち帰って、福岡の郷土料理「がめ煮」=【筑前煮】になったらしいです。


 筑前煮
(筑前煮=がめ煮)

 

冬らしく生活できると、来る春から夏のシーズンが快適に過ごせます。

四季は循環していて、今の過ごし方が次の季節に影響してくる、というのが東洋医学の教えです。

 

 

ハロウィンが終わって、そろそろクリスマスや宴会シーズン。

飲食の楽しみが増え、お仕事も年末に向けて忙しくなる方も多いと思いますが、

カラダも胃腸も <あまり無理をせず>、快適に過ごしていきたいですね (^◇^)


*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします

☆大阪市北区・梅田・東梅田・天満・南森町から至近☆女性優先☆鍼灸院ほまれ☆
*****************


2014年11月7日|季節とカラダ ,食と健康コメント&トラックバック(0)

2014年6月7日

断食のメリット

梅雨入りして蒸し蒸しした日が続きますが、皆様お元気ですか? 😎 

さて、座禅断食に参加後の身体の変化の続きです。

個人的な実感をまとめると、3つありました。


① 五感が敏感になった、とくに味覚!

舌の膜が2枚くらい剥がれた感じで、お野菜の味がとってもリアルで美味しいのです。
味覚に敏感だから、反対に身体に優しくない(良くない)食材は自然と食べたくなくなりました。コッテリしたものは臭いがキツく感じられて食べたくなくなるから不思議。

② 身体、とくに筋肉が柔らかくなった!

今まで、硬かった関節や筋腱が、なんか柔らかくなってて、ストレッチが楽です。子供の頃から身体がカタイこの私が、何もしなくてもよいラクラク屈伸できるのはなぜ??(^_^)

いままで、胃もたれが今ひとつ取れなかったのですが、胃腸がスッキリしたら、全身スッキリです。
 
それもそのはず。

      胃の経絡(気の通り道=下図参照)は、足の先から頭まで全身をめぐっているので、胃が空っぽになり、
      胃袋の大掃除をしたので、胃の経絡も当然キレイになって通りが良くなる、ということなのでしょうね      


       胃経2
 
③ ココロがスッキリ!

身体が楽だとココロも楽になりますね。
大掃除して、気の通りがスムーズになるって、こんなに素晴らしいことなのね、とビックリです。
このココロの軽さが一番の驚きでした。
今までにない爽快感と、自然と希望が湧いてくる感じ?自信が備わる感じ?がたまりません!
このココロの軽快感を維持できるなら、もうずっと断食続けたくなりますね ^^ 断食のメリットの続きを読む


2014年6月7日|食と健康コメント&トラックバック(0)

診療日カレンダー

【ゴールデンウィークの診療について】
GW期間中[4/23(月)~5/7(月)]の診療は、
4/24(火)、4/27(金)、 5/1(火)のみになります。
急患の方はGW休診日でもメールでのご相談を受け付けております。
遠慮なくお尋ねくださいませ。

…休診日

※土曜日の受付は8:30~11:30・13:30~16:00、祝日の受付は9:30~13:00

お気軽にご予約・お問い合わせください

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

【受付時間】9:30~11:30/16:30~19:30 ※木・日曜休診、水曜不定休

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日曜休診、水曜不定休

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ