「妊活・妊娠と伝統鍼灸」女性に優しい大阪市南森町駅徒歩2分の鍼灸院、鍼灸院ほまれ(梅田・天満・大阪市北区)

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日は休診(水は不定休)

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日は休診(水は不定休)

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

コラム検索

カテゴリー、タイトル別検索はこちら

【 花粉症 】カテゴリーを表示

2018年3月8日

妊活・妊娠と伝統鍼灸


こんにちは(^-^)

啓蟄を過ぎて、まだ冷たい風が吹いてはいますが、春の気配が日に日に増しています。




天神様の上空も春の気配が…。

(^-^)


春到来とともに花粉症や肩こり、めまいなど、本格的に春の症状がやってきて、つらい季節でもありますね(>_<)

桜が咲くまでは春の気(自然界の気が上に伸びる勢いが強い季節です)が強く人体にも作用します。


春は肝臓の季節です。



東洋医学の考え方で【肝臓】に関わるものは、

◎肉体的には、目、筋肉、子宮・生殖器官などがあり、

◎精神面では疲労をためる、ストレスをためる、怒り、イライラ

などがあります。





前回のつづき、妊娠についてのお話ですが、この妊娠にもこの【肝臓の働き】が大きく関わっているのです。


今日は、

伝統鍼灸でお身体の状態を判断する診断方法【脈診、舌診、ツボ観察など】について

お話ししていきたいと思います。

この手法は妊活・妊娠希望の方、月経はじめとして生殖器官を整えたい方にも行う手法です。




            


中国古来から日本へ伝わった鍼灸。

その昔から、どのように診察して、どのように判断して、治療してきたいのか?

その診察方法を現代でも受け継いでいる鍼灸のことを「伝統鍼灸」というような呼び方をしています。

すべての鍼灸院が伝統鍼灸をしているわけではありません。

伝統鍼灸とそうでないものを見分けるポイントは何でしょうか?

<本格的な伝統鍼灸>といえるものの要件として、私は次のようなことを考えています。



【伝統鍼灸に必要なこと】



五臓六腑の働きに関する明確な理論をベースにして、

【脈診】【舌診】そして【ツボ観察】を正確に把握でき、

そうした上で、患者さんのお身体の状態を理論的に、実践的に正確に把握して、治療方法(「治則治法」といいます)を提示できること。







患者さんのお身体を診させて頂いた時点で、その患者さんのお身体に何が起きているのか、どうして妊娠に至らないのか、何が原因なのか、が明快に説明できるものでなければなりません。

その上で、どのような治療をしていけばいいか、どのくらいの期間治療が必要なのかの目安も含めて、提示できることが伝統鍼灸の最大のメリットだと思います。



実際に、来院された患者さんに、当院で行う初診は次のようなことです。

①問診(1時間程度)…..



質問票に記入して頂いた情報をもとに、生まれてから現在までのお身体の状況をお聞きしていきます。
生理の状態だけでなく、他に病歴がないか、幼少期・思春期・青年期の体調はどうだったか、どんなお仕事をしてきたのか(立ち仕事orデスクワーク)、結婚されてからの体調の変化や生活上の変化、ストレスの状態など、をお聞きしていきます。




②体表観察→施術(1時間程度)…..



①の情報をもとに、五臓六腑や気血の働きの不調な点を実際のお身体から確認していきます。

体表観察は、①脈診 ②気色診 ③舌診 ④ツボ観察 の4つあります。

①〜③ : 脈や顔色、舌の色などから、その方の健康状態をみていきます。

④ツボ観察:手と足、体幹にたくさんあるツボに手を触れて、適切な張りや弾力があるか、凹みや隆起がないか、熱いか冷えてるか、発汗の有無をみます。


この体表観察までしてはじめて、その方の五臓六腑の状態、どこが弱っているか、どこは大丈夫かがわかってきて、なぜ妊娠に至らないのか、を見極めることができます。




不調の状態がわかると、同時に、なぜそうなったのか、原因がわかってきます。



たとえば、

①体表観察で肝臓の状態に異常が見つかったとします。

②なぜ肝臓の状態が悪くなったのか?その原因を探ります。
たとえば肝臓のツボに異常に熱感がある場合は、肝臓に熱がこもっていると考えます。
脈診や舌診、気色診においても、同様に肝臓の熱を示す結果が出たとします。
これを「肝火」といいますが、

③なぜ「肝火」がこもっているのか?
その原因のヒントは、最初の問診から、その方の生活状況をお聞きした内容から判明することもあります。

【例】その方のお仕事がデスクワークで一日中パソコン作業をして目(=肝臓を使う)を酷使し、肩こり(=筋肉=肝臓を使う)も日常化していたとします。それだけでなく、仕事でもプライベートでもストレス(=肝臓を使う)があり、その解消はお酒を飲む(=肝臓を使う)ことだけ、毎朝起きたときから疲れを感じる、疲れが取れない(疲労=肝臓)というような生活を続けてきたとします。





④これでは肝臓を使い過ぎ、肝臓に負担がかかり過ぎですね。
すると、当然、肝臓が疲れてきって、その働きが鈍ってきますよね。

で、肝臓に関わる臓器にも影響が出てきます。

たとえば、

子宮、卵巣、月経にも…!!!




(>_<)




伝統鍼灸では、このような状態を【肝鬱化火】といいます。

そしてもちろん対処法があります。


治療法はいろいろなパターンがありますが、

単純にいうと、肝臓のツボに鍼をするなどして、肝臓に刺激を与え、その働きを元に戻していくやり方です。


鍼をした後に、再度、体表観察をします。

施術前に見た脈や舌やツボが、良い方向に変化していればOK。


 



そうなると、自然と症状は快方に向かいます。

子宮の働きも活性化し、正常な状態に戻っていくと思われます。

ヽ(´▽`)/




…というふうな手順をとって伝統鍼灸の施術は行われるのです。

目に見えない【気】というものを扱うために、しっかり目に見え&触れてわかるツボや舌や脈を見ていくメソッドが確立されている。



【まず原因を見極める→それに対する対処法がある→原因を解消させる】


   これが伝統鍼灸のメリット!!




これが伝統鍼灸のやり方です。

古来からのやり方ですが、結構、理論的なのですね。


   


私は伝統鍼灸の持つ、こういう理論的でスパッと切れるところが治療家の立場からしても好きなのです。

(^-^)





*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天満・天神橋に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************


2018年3月8日|めまい ,不妊治療 ,季節とカラダ ,花粉症 ,院長日記コメント&トラックバック(0)

2018年1月24日

めまいと鍼灸

こんにちは(^_^)
 
 
寒すぎて、コタツの中でゴロゴロ、動きたくない日が続いております。
 
皆様いかがお過ごしですか?
 
 
さて気温は最低ながらも、すっきり晴れ渡った空にはうっすら明るい光差しが・・・。


    

 
春の訪れが待ち遠しいですね。
 
 
東洋医学では四季の移り変わりを人体との関わりからとても大事に見ています。
 
旧暦で見ていくのですが、節分を過ぎて春は2月4日の立春からです。
 
人体も2月4日から春に入っていくと考えるのです。


      
 
 
人体の春ってどんなふうになるの?
 
 ①まず脈が変わります。
 
   弦脈という脈に変わっていきます。
   「ピアノの弦」のように、弾くと先端が尖っている、そんな脈のことを弦脈といいます。
 
   反応の早い人では1月の中旬くらいからこの弦脈が打ち始めるのです。

 
 ②春は「肝臓」の季節です。

   この季節に活発になるのが肝臓の働きです。

 
        

 
  肝臓は「木」の性質があり、上に上に伸びていく性質なのですが、
  「木の芽時」というくらい、春は自然界の生き物が上に伸び始める時期ですから、
  これと同じく人体の中を流れる気(木気=もくき)も上半身に上がりやすくなります。
 
 
 ③肝臓の気(=木気)が上がりすぎる(=上逆する)と・・・
 
  気が上半身に上がり、下に流れにくくなると、上半身が気でパンパンになり、上半身にある器官に異常が起こりやすくなります。
 
 たとえば・・・
 
 ⑴ 耳鳴り、めまい
 
 ⑵ 花粉症(鼻水、目のかゆみ、くしゃみ)
 
 ⑶ 肩こり、頭痛
 
 ⑷ 喉の炎症、口内炎など
 
 ⑸ 顔面に吹き出物、湿疹、かゆみ
 
 ⑹ 不眠、浅眠
 
 ⑺ 足の冷え
 
 
 春に起こりやすい症状はたくさんありますが、春に起こった場合は、まず自然界の気の流れの影響が強く働いているためだと考えます。
 
 
 では、鍼灸院ではどのような施術対応をしていくのか。
 
 
 
 当院は大阪市にありますので、比較的暖かく、海や川の風の影響も受けます。
 大阪でも、どこに住んでいるのか、海の近くか、川の近くか、山間部かなど、患者さんが住んでいる場所によっても、その地形的な影響を考慮していきます。


  

 
 今回は、春に多い「めまい」症状を例に、当院の春の施術法、対処法をお話ししましょう。
 
 ※ めまいへの対処法は、鍼灸院によって違います。
   当院は、中医学の理論をベースにめまい症状を考え、施術していきます。


  
 


 【めまいへの鍼灸対処法】 


 さて、めまい(目眩、眩暈)は、症状(揺れ方)でいくつかに分類されます。
 
 
 
 ①横揺れ・・・左右に揺れます。寝返りをうつ、振り向く時など、体位変換した時に起こりやすい
 
 ②ぐるぐる回る(回転性)・・・ベッドに横たわると天井が回る、回転して立っていられない、吐き気や難聴を伴う場合あり
 
 ③ふわふわ浮くような・・・地に足がついていないような、浮かんでるような揺れ方
 
 ④起立時に目眩(めまい)する・・・ふっと目の前が暗くなる


    
 
 
 ①〜④どれも春に起こりやすいのですが、大雑把に言うと、その原因は主として、
 
 
 ①肝臓(胆のう)の気
 
 ②肝臓+胃の腑(水の代謝)(+腎臓)
 
 ③肝臓+腎臓
 
 ④肝臓+脾臓
 
 の不調から起こりやすくなる、と考えるのです。
 
 つまり関わってくる内臓が違うのですね。
 
 
 _φ(・_・
 
 
 このように、めまいの出方を問診によって確認して、
どのパターンかを見極めた上で、
お身体のツボや脈や舌をチェックしていき、総合的に診て、どのタイプのめまいなのか、
五臓六腑のどこが失調を起こしているのかを突き止め、施術していきます。
 
 
 以上、
 
 めまい症状は、軽症から重症までさまざまです。
 
 西洋医学のクリニックに行ってもめまい症状が取れない、あるいは長引いている、生活に支障があって困っている、という方は、一度、鍼灸の施術を試してみてはいかがでしょうか。
 

    
    

   我が家の猫さんたちにも春がそこまで・・・(^。^)/


 
*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。


大阪市北区・梅田・東梅田・天満・天神橋に近い女性に優しい鍼灸院《鍼灸院ほまれ》

*****************

 
 

2018年1月24日|めまい ,冷え ,季節とカラダ ,花粉症コメント&トラックバック(0)

2018年1月21日

アレルギーと風邪の予防【喉・鼻うがい法】

こんにちは!

(^_^)

今日は少し気温も上がりましたが、

明日からはまた大寒のこの時期、しばらく厳しい寒さが続きそうですね。


(>_<)


インフルエンザも流行っています。

お正月から不調を訴え、来院される方も増えてきました。

私も毎年、この時期に大風邪を引くことが多くて、本当に辛い時期なのですが、

今年は昨秋から小麦をやめたことで体調がすこぶるイイ感じなので、今年はもしかしたら風邪引かないかも?!と期待しています。


(^o^)☆☆


前回のブログで「小麦をやめる=グルテンフリー生活」のメリットを書きましたが、

あれ以降、お腹の詰まりがなくなり、気分的にもリラックスできて、全身の軽さを感じているほかに、

不思議と「カフェイン」が摂りたくなくなってきています。


(・・?)






カフェインは、東洋医学的にみると、肝臓に刺激を与えすぎて、緊張感をもたらすと考えられていますから、

小麦を食べなくなって、全身の気血の流れが良くなっていくことで、肝臓も滞ることなくスムーズに働いてくれるようになったのでは?と思います。

その結果として、
過度に緊張をもたらすカフェイン摂取がしんどくなってきたのかな、と考えています。


小麦をやめたことでこんなに体調が良くなるなんて、
私ももしかして「グルテン不耐性」「グルテンアレルギー」だったのでは?





でも小麦をすっかりやめられて、今ではまったくと言ってもいいほど、小麦を食べたいと思わなくなりました。

小麦が小麦を呼んでいたんだなぁ…。



!(◎_◎;)





小麦をやめただけで、全身・五臓六腑の働きが自然な方向へ流れ出したということでしょう。


このまま続けていけば、きっと今年の厳寒も元気に過ごせそうです。



\(^o^)/



★そして★グルテンフリー以外にも★さらにさらに★強い味方が増えました。


アーユルヴェーダ・スクールで習った「ノドと鼻」の浄化法です!



乾燥するこの季節に、炎症を起こしやすい「ノドと鼻」。

アレルギー症状もこの時期に悪化しやすくなりますね。

さてどうやって改善したらいいのでしょうか。


アーユルヴェーダでは、この喉と鼻への対処法として、口腔と鼻腔をきれいに消毒し浄化するものとして考えているのが、

ターメリック=うこん】なのです。


ターメリックでうがいをします。


やり方は簡単。



水道水350ml + 天然塩 (小さじ1/2)+ターメリック少量(小さじ1/2)


でうがい水を作ります。

【のど】…… この水で喉うがいするだけです。


【鼻】…… 綿棒を浸して、鼻の中をお掃除する。鼻うがい出来れば尚ok





私は1日に何度もうがいするので、ペットボトルに作って、1瓶 洗面所に置いています。



春先に花粉症や鼻炎、アレルギーでお悩みの方にも、このターメリックうがい法はオススメです。


<鍼灸院ほまれ>は大阪のど真ん中の地域(北区天神橋)にあり、昼夜問わず交通量が多く、結構、大気が汚れています。この大気汚染に加えて、花粉などが飛んでくる春の始まりは、アレルギー反応を引き起こす原因が充満しています。

 私もスタッフも、外出して戻った時は、すぐにこの鼻うがいと喉うがいをするよう習慣づけています。


そしてターメリックうがいをした後は、めちゃスッキリします。

塩水だけのうがいと比べても、ターメリックうがい法は爽快感と、持続時間が良い感じがします。


2月3日は節分、2月4日からはもう「春」です。


(*^▽^*)


暖かくなる前に、もうひと山、季節の変わり目の不安定な季節でもあります。


この季節を自分自身で身体を養生して、うまく乗り切り、


日常生活をハツラツと過ごしたいものです。





*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天神橋・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************

2018年1月21日|アレルギー ,アーユル・ヴェーダ ,グルテンフリー ,グルテンフリー ,季節とカラダ ,花粉症コメント&トラックバック(0)

2015年2月6日

春の気、春の症状

今週は立春。
気温はまだ寒いものの、お昼間にはポカポカ陽気が射す日も多くなってきました。

いつも散歩する近所の桜並木は、もう、うっすらとピンク色でした。

image

桜の蕾もまだ堅いものの、しっかりついています。

image



一気に暖かい春の気が上ってきましたね(*^_^*)


この春の気に乗って、花粉症、めまい、吐き気、頭痛、肩コリ、イライラ…など春の症状も押し寄せてきます…(´・_・`)


当院にも、そんな不調を訴える患者さんが来院されています。


花粉症やめまいなどは、春の典型的な症状ですが、
東洋医学では、
カラダの中の気の流れが上に上に上がってしまう「気逆」という現象から起こると考えられています。

気が逆上して、上に上って、上半身に集まると、そこに不調が起こります。

この気逆現象の大元は、肝臓が原因。
春は、肝臓が高ぶる季節なのです。

そして、この肝臓がコントロールしている感情は、「怒り」。

イライラしたり、怒りっぽくなるのも、肝臓が高ぶり、体内で気が逆上してしまうからなのですね(´・_・`)

image

出来ればイライラしないで、ゆったりと過ごしたーい!

\(^ω^)/



イライラしたら、「あ〜、私にも春の気が来てるわ〜」とか、一歩引いて客観的に見てみると、気持ちがちょっと落ち着くかもしれません。


職場でもイライラ空気が蔓延しやすい季節。

そんな時は、春の気に巻き込まれないよう、
一歩下がって眺めてみたら、熱くならずにすみます。


春は本来、生命が芽吹き、ウキウキする季節です。

東洋医学の健康法では、人間も自然の一員であるから、季節の気に適った過ごし方をするのがよい、とされています。

春の野の花のように、ゆったりと、心うららかに過ごしていれば、きっとカラダも快調になるということなんですね。

(^_^*)


*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。


大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

2015年2月6日|季節とカラダ ,病とココロ ,花粉症コメント&トラックバック(0)

2014年3月23日

春の花粉症

お彼岸の3連休、暖かな陽気に包まれ、桜のつぼみがピンク色に染まって、開花の足音が聞こえてきました 😛

桜と共にやってくるのが花粉症。
毎年、お悩みの方も多いと思います。

ということで、今日は花粉症の東洋医学的対処法についてお話ししましょう。

花粉症3

そもそも、同じ空気に触れているのに、花粉症になる人と、ならない人がいるのはなぜでしょう?
体質の違い、ということになりますが、東洋医学では「体質」は絶対ではありません
その「体質」になる「仕組み」を変えていけば、「体質を変える」ことは可能なんです 😆

さて、その「仕組み」とは・・・?

その前に、季節と内臓の関係についてお話ししましょう。

1)春は肝臓の季節!

東洋医学では、春夏秋冬、季節ごとにその活動が活発になる内臓があると考えられています。

東洋医学を生み出した大昔の中国人たちは、季節と人体との関係をつぶさに観察していました。

その結果、季節ごとに内臓の働きが違うことに気づいて、それを法則化したのです。(「五行」といいます)

その中で、
春は、肝臓が高ぶる季節とされています。

肝臓は自然界でたとえると「木」の性質があるといわれています。

肝臓(東洋医学の肝臓の図)

春は「木の芽どき」ですね。 木の芽が出て、上に上に伸びようとする季節です。
これは、「気」の世界で説明すると、「気」が上に上に上がっていくから植物が育っていくということになります。

それと同様に、人体の中の気も上に上に行こうとします。
肝臓の働きが活発になり、肝臓が気を上に上げていきます。
このとき、気がうまく体内を循環して上にも下にもめぐってくれればいいのですが、肝臓が高ぶりすぎている人は「上に」ばかり気が偏ってしまいます。(これを「気逆」といいます)

2)「気逆」による症状とは?

上半身に気が偏ると、上半身になんらかの症状が起こりやすくなります。

肩、頚、喉、口、歯、鼻、目、耳、顔、頭部など、上半身のさまざまな症状は、この「気逆現象」によって起こりやすくなるのです。

肩こり耳鳴り喉痛喉のつまり鼻炎くしゃみ目の痒み目の充血・・・・

起こる症状はその人によって違います。大体、弱いところに出る傾向がありますね。

ということで、花粉症といわれる症状の多くは、「気逆」によって起こるのです。

3)花粉症の対処法

花粉症の対処法。
それは単純明快。

「気逆」による現象なら、気逆させなければよいのです!

つまり「気を下に下ろす」(=「降気」といいます)と症状は緩和されていきます。

鍼灸では、「降気法」がありますが、
一般の方も、自分で出来る降気法があります。

基本的には「頭寒足熱」。
頭部が熱くなっているので、それを冷まして、足を温めるのが有効です。

頭寒足熱

具体的には、

①足湯 (下半身=とくに足元を温めて、気を下に誘導する方法として有効です)

②ゆっくり歩く (歩くと、足の裏が刺激されて、その結果、下半身に気が下ります)

この下半身を刺激する2つの方法がオススメです。

それからちょっと過激ですが、上半身を刺激する方法として、

③「頭から水をかぶる(!)」 (滝行みたいに一気に頭部を冷やし、気を下げる)方法があります 😆

これは体力と勇気があれば・・・ですね 😯

花粉症状でお困りの方は、まず①か②を試してみてください!

4)「気逆」を引き起こす生活習慣

 ①気が上に上がりやすいのは、頭でっかちな人。
 パソコン作業など頭脳中心の活動ばかりして、足を使わず運動不足になると、頭に気が集中して下半身が空虚になってしまいます。

 ②肝臓の働きが上手くいかなくなると、イライラして怒りっぽくなります。
  その逆、普段からイライラした生活をしていると、肝臓の働きが失調してしまいます。
  春は、とくにイライラしやすい季節なので、
  ゆったりと過ごすことが大事で、そうしていると「気逆」しにくくなります。

イライラ(イライラは禁物なのだ・・・)

5)花粉症の大敵な食べ物とは・・・?

 「気逆」を増幅させてしまう食べ物があります。

 それは春ならではの食べ物。

 たけのこ、菜の花、ふきのとう、タラの芽、アスパラなど・・・ 🙄

たけのこ菜の花

 大好きだから沢山食べられる方もおられますが、これらの食べ物は、「木の芽どき」にぐんぐん成長するため、上に上に上げる力が強いのです。
 これを食べると、気逆が誘導されやすくなりますので、食べる量は少しにした方がよいでしょう。

6)鼻炎は、胃腸の弱りから来ることも・・・

 花粉症の中で、鼻炎がつらい方は、「気逆」だけでなく、胃腸の弱り考えられます。

 鼻炎

 胃腸が弱っていて、食べ物と水分の代謝がうまく出来ずに、体内に水分と熱が溜まってしまうと(「水湿の邪」・「湿熱邪」といいます)、それが上半身に上って、鼻水となって出てくるのです。

 ですから、この春の季節、胃腸の弱っている人が食べすぎ飲みすぎると、鼻炎になりやすいので、食事内容と量(お腹一杯食べないこと)は要注意でしょう。


7)春は、腎臓が弱る季節

 肝臓との関係で、春は腎臓が弱る季節でもあります

 腎臓が弱ると、下半身が弱り、また水分代謝も弱ってきますので、「気逆」が起こりやすくなり、「降気」しにくくなり、「水湿の邪」が発生しやすくなります。

 腎臓を強化するには、

 ①下半身を鍛えることが第一。

 海草根菜類山芋などをたくさん摂る。

 などがポイントになりますね。

春の気が高ぶるのは、大体4月中頃まで。5月初旬からはもう「夏」が始まります。あと少しですね。
上手に対処して、軽快に春を楽しみたいですね! 😛


****************
 

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。

 皆様の応援のおかげで、上位にランキングされています。
\(^ω^)/

 ありがたいことです。

 ランキングはとっても励みになりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m

 左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。ポチッとよろしくお願いします!

*****************





 







2014年3月23日|花粉症コメント&トラックバック(0)

診療日カレンダー

…休診日

※土曜日の受付は8:30~11:30・13:30~16:00、祝日の受付は9:30~13:00

お気軽にご予約・お問い合わせください

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

【受付時間】9:30~11:30/16:30~19:30 ※木・日曜休診、水曜不定休

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日曜休診、水曜不定休

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ