「妊活・妊娠と伝統鍼灸」女性に優しい大阪市南森町駅徒歩2分の鍼灸院、鍼灸院ほまれ(梅田・天満・大阪市北区)

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日は休診(水は不定休)

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日は休診(水は不定休)

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

コラム検索

カテゴリー、タイトル別検索はこちら

【 不妊治療 】カテゴリーを表示

2018年3月8日

妊活・妊娠と伝統鍼灸


こんにちは(^-^)

啓蟄を過ぎて、まだ冷たい風が吹いてはいますが、春の気配が日に日に増しています。




天神様の上空も春の気配が…。

(^-^)


春到来とともに花粉症や肩こり、めまいなど、本格的に春の症状がやってきて、つらい季節でもありますね(>_<)

桜が咲くまでは春の気(自然界の気が上に伸びる勢いが強い季節です)が強く人体にも作用します。


春は肝臓の季節です。



東洋医学の考え方で【肝臓】に関わるものは、

◎肉体的には、目、筋肉、子宮・生殖器官などがあり、

◎精神面では疲労をためる、ストレスをためる、怒り、イライラ

などがあります。





前回のつづき、妊娠についてのお話ですが、この妊娠にもこの【肝臓の働き】が大きく関わっているのです。


今日は、

伝統鍼灸でお身体の状態を判断する診断方法【脈診、舌診、ツボ観察など】について

お話ししていきたいと思います。

この手法は妊活・妊娠希望の方、月経はじめとして生殖器官を整えたい方にも行う手法です。




            


中国古来から日本へ伝わった鍼灸。

その昔から、どのように診察して、どのように判断して、治療してきたいのか?

その診察方法を現代でも受け継いでいる鍼灸のことを「伝統鍼灸」というような呼び方をしています。

すべての鍼灸院が伝統鍼灸をしているわけではありません。

伝統鍼灸とそうでないものを見分けるポイントは何でしょうか?

<本格的な伝統鍼灸>といえるものの要件として、私は次のようなことを考えています。



【伝統鍼灸に必要なこと】



五臓六腑の働きに関する明確な理論をベースにして、

【脈診】【舌診】そして【ツボ観察】を正確に把握でき、

そうした上で、患者さんのお身体の状態を理論的に、実践的に正確に把握して、治療方法(「治則治法」といいます)を提示できること。







患者さんのお身体を診させて頂いた時点で、その患者さんのお身体に何が起きているのか、どうして妊娠に至らないのか、何が原因なのか、が明快に説明できるものでなければなりません。

その上で、どのような治療をしていけばいいか、どのくらいの期間治療が必要なのかの目安も含めて、提示できることが伝統鍼灸の最大のメリットだと思います。



実際に、来院された患者さんに、当院で行う初診は次のようなことです。

①問診(1時間程度)…..



質問票に記入して頂いた情報をもとに、生まれてから現在までのお身体の状況をお聞きしていきます。
生理の状態だけでなく、他に病歴がないか、幼少期・思春期・青年期の体調はどうだったか、どんなお仕事をしてきたのか(立ち仕事orデスクワーク)、結婚されてからの体調の変化や生活上の変化、ストレスの状態など、をお聞きしていきます。




②体表観察→施術(1時間程度)…..



①の情報をもとに、五臓六腑や気血の働きの不調な点を実際のお身体から確認していきます。

体表観察は、①脈診 ②気色診 ③舌診 ④ツボ観察 の4つあります。

①〜③ : 脈や顔色、舌の色などから、その方の健康状態をみていきます。

④ツボ観察:手と足、体幹にたくさんあるツボに手を触れて、適切な張りや弾力があるか、凹みや隆起がないか、熱いか冷えてるか、発汗の有無をみます。


この体表観察までしてはじめて、その方の五臓六腑の状態、どこが弱っているか、どこは大丈夫かがわかってきて、なぜ妊娠に至らないのか、を見極めることができます。




不調の状態がわかると、同時に、なぜそうなったのか、原因がわかってきます。



たとえば、

①体表観察で肝臓の状態に異常が見つかったとします。

②なぜ肝臓の状態が悪くなったのか?その原因を探ります。
たとえば肝臓のツボに異常に熱感がある場合は、肝臓に熱がこもっていると考えます。
脈診や舌診、気色診においても、同様に肝臓の熱を示す結果が出たとします。
これを「肝火」といいますが、

③なぜ「肝火」がこもっているのか?
その原因のヒントは、最初の問診から、その方の生活状況をお聞きした内容から判明することもあります。

【例】その方のお仕事がデスクワークで一日中パソコン作業をして目(=肝臓を使う)を酷使し、肩こり(=筋肉=肝臓を使う)も日常化していたとします。それだけでなく、仕事でもプライベートでもストレス(=肝臓を使う)があり、その解消はお酒を飲む(=肝臓を使う)ことだけ、毎朝起きたときから疲れを感じる、疲れが取れない(疲労=肝臓)というような生活を続けてきたとします。





④これでは肝臓を使い過ぎ、肝臓に負担がかかり過ぎですね。
すると、当然、肝臓が疲れてきって、その働きが鈍ってきますよね。

で、肝臓に関わる臓器にも影響が出てきます。

たとえば、

子宮、卵巣、月経にも…!!!




(>_<)




伝統鍼灸では、このような状態を【肝鬱化火】といいます。

そしてもちろん対処法があります。


治療法はいろいろなパターンがありますが、

単純にいうと、肝臓のツボに鍼をするなどして、肝臓に刺激を与え、その働きを元に戻していくやり方です。


鍼をした後に、再度、体表観察をします。

施術前に見た脈や舌やツボが、良い方向に変化していればOK。


 



そうなると、自然と症状は快方に向かいます。

子宮の働きも活性化し、正常な状態に戻っていくと思われます。

ヽ(´▽`)/




…というふうな手順をとって伝統鍼灸の施術は行われるのです。

目に見えない【気】というものを扱うために、しっかり目に見え&触れてわかるツボや舌や脈を見ていくメソッドが確立されている。



【まず原因を見極める→それに対する対処法がある→原因を解消させる】


   これが伝統鍼灸のメリット!!




これが伝統鍼灸のやり方です。

古来からのやり方ですが、結構、理論的なのですね。


   


私は伝統鍼灸の持つ、こういう理論的でスパッと切れるところが治療家の立場からしても好きなのです。

(^-^)





*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天満・天神橋に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************


2018年3月8日|めまい ,不妊治療 ,季節とカラダ ,花粉症 ,院長日記コメント&トラックバック(0)

2018年2月2日

【妊娠・不妊・妊活】信頼できる鍼灸院選びのポイント

こんにちは(^-^)



寒い!
他の地域と比べたら大阪はまだマシ!とはいえ、寒い寒い日が続いています。

(>_<)



もうすぐ節分。立春は間近。

でも、だからこそ、この寒さなのかもしれません!(>_<)


さて、冬は滋養の季節で、冬眠する動物のように、人間もエネルギーを使い過ぎず、省エネで過ごすのがカラダにとっても良い季節です。

そして2月4日の立春を過ぎますと(東洋医学では人間の身体の「春」は【立春】から始まると考えます)、人体も始動モードに入っていくのです。

生命が生まれる季節がまさに【春】なのです。


ということで、今日は人間の生命の始まり、【妊娠〜出産】について、鍼灸との関わりからお話ししていきたいと思います。




現代社会では、生活形態や食べる物などが大きく変化して、昔(戦前・昭和?)に比べると、すんなり妊娠しにくい女性が増えています。

「妊活」という言葉も定着しつつあり、「不妊治療」を受ける方も増えています。

それとともに、鍼灸で「不妊治療」を受けてみたいと思う方も増えています。


かくいう当院でも、そのような妊娠希望の方が多く来院されていまして、その方達に、鍼灸の伝統的な手法で「妊娠」に向けての施術をしています。



さて、【伝統的な手法】とはどんなものなのでしょうか。


日本にある「伝統鍼灸」あるいは「中医学」を標榜する鍼灸院では、

その鍼灸の考え方や理論は、2000年以上も前に中国で書かれた古典的書物をベースにしています。
それらの書物には、【気】の動きを調整して、人体のバランスの歪みを整えていく治療方法が書かれているのです。




【気】を調整することで、五臓六腑を正常に活動できるように促し、そうすることで、それ以外の器官も自然とそれに従って整っていく、という考え方です。



【不妊】【妊活】の鍼灸は、そういう【気】の調整の治療をした上で、

結果的に、子宮や卵巣の動きが活性化し、自然に生理が来る、基礎体温もしっかり高温期と低温期に分かれ、月経周期も順調で…ということを起こすように促していくのです。






<<大切な鍼灸院選び>>

大阪市内でもこのような伝統的な鍼灸を標榜する鍼灸院がありますが、

残念ながら、その数は本当に少数です。

鍼灸院であれば、みな【気】の調整や五臓六腑のバランス調整を基本にしているわけではないのです。

鍼灸ならどこも同じ、というわけではありません。

妊娠に強い鍼灸院を探したいけれど、なにを目安に選んだらいいかわからない、という方は多いはず。

先生との相性やお店の雰囲気も大切ですが、まずなにより大切なのは技術的なレベルと信頼性ですよね。

HPでは「妊娠成功率◯◯%」とかなり高い確率を並べている鍼灸院もありますが、専門家の目から見れば??という疑問符をつけたくなる点もないわけではありません。

これから鍼灸を利用して妊活しようと考えている方は、

選ぶ目安として、次のような点を参考にされるのがよいでしょう。

   
◆妊活の鍼灸院を選ぶポイント①◆

その鍼灸院がどのような理論をベースに、何を標的に、どういう方法を使って施術しているか

HPなどをよく見て選ぶことが大切です。




どのタイプの手法を行なっているか、妊活の鍼灸の手法は、大きく分けて、次のようなタイプがあります。


局所的な施術…..子宮や卵巣の近くに鍼灸を施し、その動きを活性化します

遠隔的な施術….伝統鍼灸の手法といわれるもので、不妊の原因と思われる点(ホルモンの過不足、子宮環境の不適、血行不良、ストレスなど)を改善するため、全身的に調整していく鍼灸を施します

局所・遠隔折衷タイプ….①と②を合わせて鍼灸を施します




①②③ どれもそれぞれ長所があります。

当院はどのタイプかというと、

②遠隔的な施術を主とし、
必要に応じて③局所・遠隔折衷の施術も行なっています。





鍼灸はそもそも中国で生まれた【気】という概念を利用した治療方法です。

伝統鍼灸は、その考え方を非常に忠実に再現していく手法を取ります。
だからこそ、よく【気】が動き、西洋医学では考えられない(不可能と思える)ものでも可能にすることあり得るわけです。


西洋医学のクリニックですでに妊活を始めている方で、なかなか妊娠に至らない方は、
一旦、アタマを切り替えて、全身の調整をしてみるという意味で、
独自の観点を持つ②の伝統鍼灸タイプを選んでみるのも良いと思います。



次回は、鍼灸院選びに役立つポイント②、

お身体の状態を判断する診断方法【脈診、舌診、ツボ観察など】について、お話ししていきたいと思います。


*****************
※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。
大阪市北区・梅田・東梅田・天満・天満橋・天神橋に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》
*****************

2018年2月2日|不妊治療 ,院長日記コメント&トラックバック(0)

2016年11月2日

不妊治療と妊娠力その4 【腎が大事】

【不妊治療と妊娠力その4】今日は腎臓と妊娠力の関係についてです。


腎臓と妊娠を結びつけて考えるのはピンとこないかもしれませんが、

東洋医学でいうところの腎(腎臓)は、妊娠するためにはとっても大事な内臓です。

106816

東洋医学でいう「腎」は、生命エネルギーそのもの、元気の源である「腎精」(じんせい)と呼ばれるものを作るところです。

生命エネルギーとは、人が活動していくためのガソリンのようなもの。そして、ヒトとしての営みを行う原動力です。

この中には、性行為や、妊娠、胎内での成長、出産などの生殖活動も含まれています。

この生命力パワー=腎精がしっかりあるか、足りないか、が妊娠には重要なポイントになります。

腎精が足りないことを「腎虚」といいます。

もう少し詳しくいうと、「腎虚」にも2種類あって、陽気が足りないものを「腎陽虚」、陰気が足りないものを「腎陰虚」といいます。

「腎陽」とは、簡単にいうと<身体を温める働き>「腎陰」とは<身体を潤す物質(津液)>といえます。

ちょっと難しい話になっちゃいましたが、

まぁ、ざっくり言うと、

これらの腎が持っているパワー=「腎の精気」が妊娠を左右するポイントになるということですね。

東洋医学で「妊娠」を考える時、まず最初に、腎の精気が十分にあるか、足りないか、を診ます。

また、妊娠だけでなく、女性の月経や出産、授乳、さらには子供の免疫力にも影響してくるので、とっても重要なポイントになるのです。

なかなか妊娠しない、という女性は、自分とパートーナー(♂)それぞれにしっかり腎の精気が蓄えられているか否かをチェックする必要があるでしょう。


腎の精気をチェックする目安になるのが、

「腎陰虚」「腎陽虚」という”ものさし”。

「虚」というのは「虚弱」という意味です。

腎の陰気が不足している場合を「腎陰虚」、腎の陽気が不足している場合を「腎陽虚」と呼びます。

東洋医学では、身体に現れる症状から、腎陰虚、腎陽虚のおおよその状態をチェックしていきます。

当院でも、妊娠を希望されて来院される方を診る時、

この「腎陰虚」「腎陽虚」がないか、問診や脈診、舌診、ツボの反応などから判断していきますが、

一般の方が自分自身の腎の力をチェックしたい場合には、いくつかのポイントがあります。

【腎の力のセルフ・チェック・ポイント】


117816

○腰痛がある、ギックリ腰を起こしやすい

○足腰が冷える、下半身に力が入らない

○夜中にトイレで起きる

○頻尿や尿漏れ、尿切れが悪い、などがある

○夕方になると疲れてくる(横になりたい)

○体力がない、持久力がない、すぐにしんどくなる

○のぼせる

○生理の出血量が減る

○生理の出血が1週間以上ダラダラ続く

○性欲が減退している

○髪の毛が抜ける、白髪が増えた

○肌に潤いがなくなった


これらの症状が複数ある場合は、腎の力の衰えがあるかもしれません。

「腎虚」は、高齢になればなるほど、進んでいきます。

すべての人は皆、歳をとるにつれて「腎虚」になっていきます。

「腎虚」の程度が低ければ、元気で”若々しさ”が保てます。


「体力的なことを考えると、妊娠・出産は若い方がいい」とよく言われますが、

 これは、東洋医学的に翻訳すれば、まさに、この「腎の力」が衰えないうちに、ということを意味しているのですね。


 では、この「腎虚」があった場合、それを補うにはどうすればよいのでしょうか?
 
 西洋医学では、不妊治療や更年期の治療に、ホルモン剤などを使い、精力アップを図りますが、東洋医学でいう「腎の力」というのは、西洋医学でいう「女性ホルモン」も含みますが、もっと広い範囲での生命力を指す概念なので、単にホルモン剤だけ飲めば足りるものでもないと思います。


 ということで、東洋医学の対処法としては
 
漢方薬「補腎薬」
      薬草をブレンドして「補腎」に働くように構成された「八味地黄丸」「六味地黄丸」をはじめ、さまざまな体調に応じた方剤があります。

鍼灸の「補腎」・「滋陰」
        腎臓や、それに関連するツボに鍼をしたり、お灸をしたりすることで、腎の力を補うことが可能です。

 
 鍼灸で、妊娠に必要な腎をはじめとする五臓六腑の調整をして、妊娠力をアップさせていければ、なかなか妊娠に至らない女性にとっては強力なサポートとなると思います。

 
 ※腎は他の五臓六腑にも影響を及ぼしている、奥深い内臓です。

 ※調べてみたら、中医学のDr.が腎臓のことをわかりやすく書いている本がありました
  ↓ ↓ ↓ ↓


 41dhnhttxl-_ac_us160_

 『体の不調は腎臓でよくする!』
  北濱みどり著
 (かんき出版)


*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。 
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。 
 ランキングはとっても励みになります。 
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。


大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************


2016年11月2日|不妊治療 ,冷え ,院長日記コメント&トラックバック(0)

2016年6月2日

不妊治療と妊娠力その3 【不妊の原因②】

 
皆さまこんにちは(^-^)

院長コラム、久々の更新です。

今日は【肝臓の不調を知るポイント】についてです。

肝臓グループに入る身体の部位・物質は、
子宮・卵巣・乳房・膣などの生殖器や、
目、筋肉、爪、涙、血などがあります。

肝臓が不調になると、真っ先にこれらに影響して、変化が現れます。

image

その具体的な症状をみてみましょう。

◎女性生殖器関係でいえば、

①月経の変化…周期の不順(遅れるor早まる)、月経期間の長短、無月経、生理痛がひどくなる、経血の状態(色の濃淡、粘っこいorサラサラ、量の過少)、塊が出る、など

②月経前後の変化…イライラ・怒り・落ち込みなどの精神的不安定、月経前後に便秘・下痢になる、過食or食欲減退、むくみ、肩こり、腹痛、そけい部痛、脇腹痛、腰痛などがひどくなる

③乳房が張る、乳腺炎などの痛み

④卵巣が腫れる、排卵痛、おりもの(量が増える、色がつく、粘る、乾燥するなど)

⑤膣・肛門の痛み・かゆみ・腫れなど



◎筋肉では、

①肩・首こり、張り感

②脇腹の痛み、みぞおちが硬くしめつけられる

③背中や腰が突っ張るように痛み

④足の親指が痛い

⑤頭痛(とくにコメカミ辺り、目の奥が痛い)


◎目

①充血
②かすむ
③チカチカして、まぶしい
④ドライ・アイ
⑤視力低下
⑥眼圧高くなる

◎爪

①爪が割れやすくなる
②変色する(黒、暗紅、黄、白など)
③縦スジ、横スジが入る
④爪が伸びない
⑤巻き爪

◎涙

①風や温度変化などで涙がよく出る
②よく泣く、泣ける(泣くとスッキリする)
③涙が出ない


◎血

①各種出血症状(不正出血、鼻血、血便、血尿、眼底出血、痔出血)
②貧血


などなど。


なんか、多種多様。たくさんありますねー  (°_°)

image

これらの症状が見られたら、それは肝臓の不調が原因かもしれません。

東洋医学で考える肝臓というのは、肝臓だけではなくて、広く全身に影響力をもっているのですね。

ということで、自分に起きている症状から、肝臓の不調を知ることもできるということです。

皆さん、思い当たること、ないですか?

q( ̄3 ̄)p


《次回につづく》



*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。


大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************

2016年6月2日|不妊治療コメント&トラックバック(0)

2016年1月8日

不妊治療と妊娠力 その2 【不妊の原因①】

こんにちは(^-^)

年末年始の連休が終わって、七草粥を食し、さぁそろそろ普段の生活に戻りつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。


さてさて、
お休みモードもここまで。
当ブログも今年は去年にも増して、皆様へのお役立ち情報をどんどんお伝えしていこうと思っております。

\(^ω^)/


今回は【不妊治療と妊娠力】その2。

不妊の原因についてです。

◎不妊の原因

【原因 ① 肝臓がうまく働かない】

前回、妊娠に重要な働きを担う内臓は、【肝臓】というお話をしました。

image

東洋医学で考える肝臓は、肝臓以外にも、
子宮や卵巣、乳房など女性生殖器をコントロールしています。
そして全身の血の流れを調節する作用もあります。

妊娠するためには、子宮や血の流れと直結する肝臓が元気に働いているかどうかが特に重要なチェックポイントになってくるのです。


この肝臓。
遺伝的にもともと弱い方もおられるとは思いますが、
それ以外で、肝臓が働かなくなる原因には、次のようなことが考えられます。

⑴ 日常生活でのストレスや緊張、疲労などが蓄積して、肝臓に負担がかかってしまう。

image


現代人にストレスや心身疲労はつきもの。
妊娠適齢期の女性も例外ではなく、大なり小なり、ストレスや疲労が蓄積して、肝臓の働きが不調になってしまっていることが多いようです。

⑵ 運動不足により、ストレスや疲れが体外に発散されず、体内に蓄積され、代謝力が落ちてしまう。

⑶ 過度な飲酒や肉食・甘い物の摂りすぎによって、肝臓の働きが低下する。肝臓に熱がこもって、気の動きが悪くなる。

⑷ 睡眠不足や、夜型の生活、目を酷使する、過重労働などで肝臓の血を消耗し、全身に栄養が行き渡らず、体力が低下する。


以上のようなことが肝臓の不調を起こす原因となってきます。

( ̄▽ ̄)


こうしてみると、
現代人の生活は、肝臓の不調を起こす原因が満載なんですね。

(>_<)


当鍼灸院に来られる妊活中の女性も、多かれ少なかれ、上記の原因によって肝臓に不調を訴える方が少なくありません。


では、身体に現われる肝臓不調のサインとして、どんなものがあるでしょうか。


次回は、
【肝臓の不調を知るポイント】についてです。

*****************

※「人気ブログランキング―――東洋医学部門」。
 皆様の応援を頂きながら、ゆっくり歩んでおります。
 ランキングはとっても励みになります。
 更新もがんばりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m  
左側のサイドバーにある「人気ブログランキング」のバナーをクリックして頂くと、ポイントが入ります。
ポチッとよろしくお願いします。


大阪市北区・梅田・東梅田・天満に近い女性に優しい治療院《鍼灸院ほまれ》

*****************




2016年1月8日|不妊治療 ,院長日記コメント&トラックバック(0)

診療日カレンダー

【スタッフ研修による休診のお知らせ】
9/9(日)~9/20(木)はスタッフ研修のため、休診となります。
9/22(金)より診療再開となります。
ご不便をおかけしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

…休診日

※土曜日の受付は8:30~11:30・13:30~16:00、祝日の受付は9:30~13:00

お気軽にご予約・お問い合わせください

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ

【受付時間】9:30~11:30/16:30~19:30 ※木・日曜休診、水曜不定休

治療時間 9:30~11:30 16:30~19:30 ※木・日曜休診、水曜不定休

06-6358-2230

メールでのご予約・お問い合わせ